ロレンゾ・シンプソンvsサニー・デュバーソン ミドル級離れしたスピード

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

ロレンゾ・シンプソンvsサニー・デュバーソン

試合内容

シンプソンは8勝5KOのアメリカ人プロスペクト。
なんとまだ20歳。
身長は178cm。

相手のデュバーソンも無敗の11勝8KO2分。
ミドル級の試合です。

サウスポーがシンプソン。
両者ともにとてもミドル級とは思えないスピードを見せます。
初回はシンプソンが積極的です。

2回からシンプソンは足を使い距離をとる。
デュバーソンは距離を詰めると強いフックを放ちます。

パワーを活かして打ち合いたいデュバーソンをシンプソンがいなす展開です。

6回にデュバーソンのパンチでバランスを崩したシンプソンがキャンバスをタッチ。
レフェリーは見逃さずにダウンを宣言。

その後はパンチの迫力ではデュバーソンが上回りますが、8回まで小突き回し着実にポイントを重ねたシンプソンがUD。

感想

スピードのあるサウスポー。
試合が面白かったかどうかは置いとくとして20歳でこのボクシングは完成されています。
シンプソンは長身ではありませんがジャメル・ヘリングのようなスピードを活かしたアウトボクシングに特化させるとパンチ自体は強いので嫌な選手になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました