Kill or be killed ロマチェンコは不敵に笑う

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ワシル・ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス

不敵なロマチェンコ

Lomachenko, Lopez face off during intense stare-down - ESPN Video
Vasiliy Lomachenko and Teofimo Lopez come face-to-face after both men weigh in at 135 lbs. ahead of their highly anticipated lightweight unification bout.

まずはこの計量の映像を見て下さい。
普段感情を表に出すことがなく、”ハイテク”とも表現される冷静沈着なロマチェンコが珍しくテオフィモを威圧しています。
そして去り際に不敵で余裕の笑みを浮かべます。
余裕を通り越し未来を見てきたかのような確信に近い表情とも表現できるかもしれません。
今回のロマチェンコは一番怖い。

テオフィモの若さや勢いも感じはしますが、それ以上にこの計量とフェイスオフではロマチェンコの不気味さが際立っていました。
会見でも内なる闘志が今にも表出しそうな雰囲気すらあったロマチェンコ。

「全ては日曜日に分かることだから」

ロマチェンコは明日どんな試合を見せてくれるのか。
楽しみです。

何が起こるか予測できないのがボクシング

オッズはロマチェンコ有利。
テオフィモの一発には常に可能性があることは認めつつもロマチェンコの技術が勝るというのが大方の見方です。
後半のストップを予想する声も多い。

しかし井上がドネアと戦った時も同じような雰囲気、予想が大半だったと思います。
ドネアの一発は怖いけどモンスターにはかすりもしないよ。

テオフィモは峠を越えたドネアとは違い、これから最盛期を迎える選手。
まだ彼の才能の全貌は明らかになっていません。
この試合を機に彼の才能をさらに開花させることだってあり得なくはない。
未来はどうなるか分かりません。

過去を振り返ってみても体格で勝り若く勢いのあるファイターが力技で老練な選手の技巧を飲み込んできたのは否定できません。

何が起こるのが分からないのがボクシング。
テオフィモの勢い、ロマチェンコの不敵な笑み、体格差、年齢差、試合の時期。
全てが重なりテオフィモが一瞬でケリをつけてしまう確率も低くはないはずです。

ボクシング界の話題は明日のライト級4団体統一戦で持ち切りです。

ロマチェンコの不敵な笑みの正体は明日、明らかになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました