デビン・ヘイニーvsユリオルキス・ガンボア

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

デビン・ヘイニーvsユリオルキス・ガンボア

試合内容

全盛期は怪物の如き強さ、運動能力を誇ったガンボアですがデービスに続いてヘイニーとプロスペクトの高級咬ませ犬と化しています。

それにしてもヘイニーは10cmも身長が低く、ライト級でデービスにKO負けし怪我まで負った38歳のガンボアに勝って何を証明するのやら。
ヘイニーの戦績は25勝15KO。
最近はメイウェザーに弟子入りし守備的な戦い方に磨きをかけています。

ガンボアは30勝18KO4敗。
商品価値を落とさないためにも善戦だけはしておきたいところ。

HIGHLIGHTS | Devin Haney vs. Yuriorkis Gamboa

初回はヘイニーが速く長いジャブを上下に散らしてガンボアを突き放します。
守備的なメイウェザースタイルに磨きがかかっています。
体格差もありガンボアは踏み込めません。

序盤は鋭い左を伸ばし距離を保ちながらヘイニーがプレッシャーをかけ、ガンボアは踏み込むタイミングを探ります。
ヘイニーはメイウェザー仕込みの速いカウンターを返していますが、ヒットは浅い。
ガンボアは手が出ません。
お互いにダメージはなし。

中盤も展開としてはほとんど変わりません。
ヘイニーはジャブを散らしながら時々コンビネーションを狙います。
でかいのに攻防においてスピードがあります。
ガンボアは流石の技術と意地を見せてそう簡単にはヒットを許しませんが、浅いもののヘイニーがヒットを奪っています。

終盤はクリンチを交えて意地でもガンボアの侵入は許さないヘイニー。
ガンボアは離れればジャブ、踏み込めばカウンターと八方塞がりになっています。

ヘイニーは集中を欠くことなく完走。
ガンボアはほとんどいいところを見せられませんでした。

感想

もっと強振していたイメージのあったヘイニーですが、メイウェザーの指導を受けてよりメイウェザーに似てきました。
パワーと引き換えにカウンターとジャブのスピードがアップ。

より負けにくいスタイルになりましたね。
ライト級スター候補の中で一番地味で強さが分かりにくい選手ですが彼のような守備的なスタイルが強いことはメイウェザーが証明しています。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    ヘイニーも173cmですか…この身長はパリクテ、ロペス、メイウェザー、カネロとなんでもありですね。
    この先ですが、ウェルター級を目指すならパワー不足です。ウェルター級のメイウェザーと同じ試合をライト級でやっていては厳しいでしょう。
    スピードとテクニックは本物ですが、ガンボアを威圧出来ないようでは、まずSライト級の物量を抑えるのに苦戦すると思います。まだ若いのでフィジカルについてはカネロのように大化けするかも知れませんが。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      メイウェザーが苦戦したマイダナのようなフィジカルを活かしたスタイルがヘイニーの鬼門ですね。
      スーパーライト級はプログレイやテイラー、ラミレス。
      王者以上の選手は特に別のレベルに見えます。

タイトルとURLをコピーしました