ようやく、そしてこれが最後 イギリス全勝対決

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ダニエル・デュボアvsジョー・ジョイス

”ダイナマイト”デュボア

11月28日。
コロナで延期がされていた試合が近づいています。

日本とイギリスでは若く京太郎をワンパンチでノックアウトしているデュボアの方が人気ですかね。

ダニエル・ドュボアvs藤本京太郎 日本人ヘビー級王者は遠い遠い道のり
試合内容 ドュボア13勝12KO。 ゴーマンとの全勝対決を制したあとに藤本は格落ち感が否めません。 イギリスヘビー級プロスペクトでワイルダーへの挑戦を待ちます。 藤本は日本でキャリアを積むヘビー級。元々はK-1の選手でした。 ...

イギリスの”ダイナマイト”デュボアはサイズ、パワー、KOの派手さなどヘビー級トッププロスペクトとして必要なものは全て持っています。
特にパワーに関してはジョシュアやワイルダーに匹敵するとも囁かれています。

後は強敵相手にそれを披露するだけ。

しかしそれがデュボアの一番の不安要素でもあります。
アマチュアでオリンピックや国際大会での実績のあるトッププロスペクトと比較するとやはり実戦経験については見劣りしてしまいます。
デビューが20歳なので仕方のない面もありますが。

今回戦うジョイスは35歳ということもありオリンピックや国際大会での豊富なアマチュアキャリアがあります。

プロでの試合ぶりを見ても肝の据わった選手であることが窺えます。

”ジャガナート”ジョイス

ジョイスの戦い方は分かりやすい。
やられたらやり返す、倍返し。

派手なスキルやスピードはありませんが淡々と相手が嫌になって倒れるまで殴り続けられる獰猛さ、倍返しどころか3倍4倍返しできる執拗さがジョイス最大の武器です。

ジョセフ・ジョイス 1年ぶりの試合も相手を殴り続ける
ジョセフ・ジョイス ダニエル・デュボアとの試合は延期になったんですかね。 この試合はブライアント・ジェニングスを殴り続けてKOした試合から約1年ぶりの試合です。 試合内容 1年ぶりの相手はマイケル・ウォリチ。 20勝13KO3...

しかしながら、それがジョイスの不安でもあります。
デュボアのパンチが連打の間隙を縫って滑り込んでくるかもしれません。

いくらジョイスがタフな闘争心を持っていると言えどデュボアのパンチが当たれば、体の自由が奪われます。
気持ちがいくら強かろうとも立っていられません。

ダニエル・ドュボアvsジョー・ジョイス 激戦必至の記者会見
ドュボアvsジョイス 正式に決定したようです。 ジョシュアを猛追するイギリスのトッププロスペクトの対決です。 ルイズに負けてジョシュアが足踏みしている間にジョシュアに迫ってきています。 今年か来年にもジョシュアに追いつくはずです...

記者会見の様子からも分かる通り激戦必至の試合です。

全勝のKO率90%越えのイギリス人対決。
若いデュボアが勝ってくれた方がボクシングが面白くなる。

コメント

  1. 右利き より:

    ヘビー級戦線の方向性が決まりそうな一戦、楽しみですね!
    デュボアのパワーとスピードはファンを喜ばせられる物がありますから、やられたらやり返すジョイスに対して根負けせずに打ち込めたらコアなボクシングファンも文句はつけられないでしょう。
    それにしてもヘビー級はイギリス人ボクサーが盛り上がってますね!このブログのおかげで詳しくない階級の面白い選手も知れています。ありがとうございます!

    • とぉとぅぉとぉ より:

      空気を読まずジョイスが勝ってしまいそうな気もしてきました。
      ジョシュアやフューリー、ヘビー級最強は候補はイギリス人だけです。
      なんとかワイルダーとルイズに風穴を開けてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました