何事もなく終わればいいが…GGGの衰えは、隠せない

toe2toeのYouTubeチャンネル
コラム

ゲナンディ・ゴロフキンvsカミル・シェルメタ

GGGの衰え

ゴロフキンは来月全勝のシュルメタを迎えてIBFタイトルの防衛戦を行います。
このIBFタイトルはゴロフキンがセルゲイ・デレブヤチェンコとの死闘を制して手にしたものです。

その試合ではゴロフキンはデレブヤチェンコのパンチを受けてあわやダウンという危険な状況に陥りました。
デレブヤチェンコのフットワークと手数に苦しめられ、初回に奪ったダウンの貯金をやり繰りして何とか逃げ切ることができましたが、ミドル級の帝王としてチャレンジャーをバッタバッタとなぎ倒していたゴロフキンの姿はそこにはもう、ありませんでした。

この試合だけを見てゴロフキンが衰えたとは言いません。
デレブヤチェンコという強敵を退けたという事実は実力の証明でもあります。

しかしゴロフキンは今や38歳。
どれだけボクシングへの熱意があろうとも衰えは隠せない年齢です。
バーナード・ホプキンスやマニー・パッキャオのようにスタイルを変える必要があります。
以前のような、力でねじ伏せるような戦い方はもう、出来ない。

ゴロフキン本人の方が見ているだけのファンより衰えに敏感で、マイナーチェンジの必要性は重々理解しているはずです。
カネロ戦も見据えた準備をシュルメタとの試合に向けたトレーニングでもしてきたはず。

トレーナーをバンクスに変えたロールズ戦では微妙な変化を感じました。
ゴロフキンのスタイルがどう変化するのか、できるのかにも注目です。

ゲナンディ・ゴロフキンvsセルゲイ・デレブヤチェンコ
試合内容 GGGがバンクと組んでどれくらい変化を加えられるのかに注目しています。 デレブヤチェンコは悲願の王座獲得なるか。 やや動きが固いのはデレブヤチェンコ、ゴロフキンfは流石に落ち着いてます。 先にヒットを奪ったデレブヤチェ...
ジェイコブスvsデレブヤチェンコ
ジェイコブスはIBFの10パウンドルールでの試合は初めてです。 ゴロフキン戦は勝ちを優先してIBFは放棄しています。負けましたけど… ジェイコブスは3戦連続全勝の相手、デレブヤチェンコは恐らくその中で最強。 デレブヤチェンコのハイ...
ジャモール・チャーロvsセルゲイ・デレフヤンチェンコ チャーロ強し
ジャモール・チャーロvsセルゲイ・デレフヤンチェンコ 試合内容 PBCで地味でも強い相手に防衛を続けているチャーロ。 今回の相手デレフヤンチェンコはゴロフキンとジェイコブスを苦しめたこれまでの誰よりも名のある強豪です。 カネロやゴロ...

全勝の挑戦者

シュルメタの戦績は21勝5KO。
31歳、身長176cmのポーランド人。

戦績だけ見ればKO率は低く38歳とは言えゴロフキンの相手としては少々頼りなく感じます。

キャリアのほとんどはポーランドで築いてきたもの。
前回が初のアメリカ。
なんでもない相手にKO勝ちしています。

Kamil Szeremeta Highlights HD

戦績だけを見れば非力でゴロフキンにとって不安要素はないようにも思えます。

しかし何があるのか分からないのがボクシング。
何よりコロナによる影響は38歳のゴロフキンに大きく響くはず。

なんでもない戦績のなんでもないように見える男。
カネロ、ジェイコブス、デレブヤチェンコ。
激戦が続いた後のコロナパンデミック。

ゴロフキンが綻びを見せるとしたら、こんな時なのかもしれません。

ゲナンディー・ゴロフキン with ジョナサン・バンクス
カザフスタンスタイル+メキシカンスタイル+アメリカンスタイル 今週末にDAZNで復帰戦 楽しみだ。速くニューゴロフキンを見たい。 アマチュアで培ったカザフスタンスタイルとサンチェスと磨いたメキシカンスタイル、さらにバンクスと特訓してい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました