アンソニー・ヤーデvsリンドン・アーサー

toe2toeのYouTubeチャンネル

試合内容

ライトヘビー級のコバレフを追い詰め評価を高めたヤーデですが、その後すぐにコバレフがカネロにKOされてしまったので微妙な立ち位置に。
カネロはヤーデより強いのだろうか。
20勝19KO1敗。

アーサーは全勝のイギリス人。
特に目ぼしい勝ち星はありません。
17勝12KO。

初回はヤーデが左を小刻みに伸ばしながらじりじりとプレッシャーをかけ、アーサーは下がりながら様子見です。
驚いたのはアーサーの体格。
ヤーデもムキムキの大男ですが、アーサーは身長188cmにも関わらず筋量も見劣りしません。
積極的なのはヤーデですが、リーチを活かしてアーサーの方が当てているか?

3回からアーサーは少しリラックスしてきました。
ヤーデのプレッシャーに対抗し長く太い左を伸ばします。
しかし左だけです。

4回にヤーデはアクセルを踏んで再びアーサーを下がらせる。
アーサーはこの日やっと右を見せた程度で退きながらジャブを突くだけ、消極的すぎます。

後半も前半のリプレイのような内容。
ヤーデは時々KOの香りのする右を狙いますが、アーサーは怪我でもしてんのかというほどジャブで小突き合う展開に終始。

SDでアーサー。

感想

ヤーデは微妙な判定を落としてしまいました。
年齢的にはまだまだやれるとは言え若くはない。
アマチュア経験に乏しく実戦経験は上位陣と比較すると不安材料にしかなりません。

それでもこれだけの能力を見せられるのは彼が天才故だと思います。

ヤーデは大化けできるポテンシャルを感じるんですが、どうでしょうか。

アーサーはこの内容では勝てても需要がありませんね。
今日は勝者はいません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました