セバスチャン・フンドラvsハビブ・アメド チャーロはどう感じた?

toe2toeのYouTubeチャンネル

セバスチャン・フンドラvsハビブ・アメド

試合内容

異様なボクサーと訊かれて真っ先に思い浮かぶのは197cmのスーパーウェルター級フンドラ。
ただしよくあるような見かけ倒しではなく実力は本物。
戦績は16勝11KO1分。

アメドはガーナ人ボクサー。
戦績は27勝18KO2敗1分。
スーパーミドル級でヒルベルトラミレスに圧倒されています。

アメドは183cmと2階級上のスーパーミドル級で戦えるだけの立派な体格をしていますが、197cmもあるフンドラにしてみれば他のスーパーウェルター級と比べて誤差の範囲内。
体格はフンドラが圧倒しています。

初回からアッパーカットを決めてアメドの膝を揺らすフンドラ。

2回には主導権を完全に握ったフンドラ。
ロープへアメドを送り、滅多打ち。
見かねたレフェリーが試合をストップしました。

感想

この試合の会場にはスーパーウェルター級3団体王者チャーロがいました。
どんな気持ちでフンドラの試合を見たのか。
チャーロがはアメドより小さい180cm。
ボディーブロー以外に選択肢はない…

コメント

タイトルとURLをコピーしました