シャクール・スティーブンソンvsトカ・カーン・クレイリー

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

シャクール・スティーブンソンvsトカ・カーン・クレイリー

試合内容

フェザー級を制してスーパーフェザー級へ進出したトップランクの希望。
ここまで苦戦もなく完璧な内容で14連勝。
14勝8KO。

クレイリーは期待されていたプロスペクトですが、キッド・ガラハドとフィリピンのジェミノに負けて停滞。
シャクールの試金石として抜擢されました。
28勝19KO2敗。

Shakur Stevenson Looks Dominant Against Toka Kahn Clary, Wins by Decision | FIGHT HIGHLIGHTS

シャクールが初回からクリーンヒットを奪い主導権を握ります。
序盤はどの局面でもシャクールペース。
クレイリーはシャクールの攻撃に全く反応できず、攻撃も無力化され徐々に消耗させられます。

後半もなぶり殺し。
シャクールの決定力の無さがむしろ残酷に映るほどです。

最後までリプレイを見続けているような展開でクレイリーは手が出せず守りに専念。
シャクールも延々殴り続けるもダメージは最終回まで与えられず。

UDでシャクール。

感想

シャクールは若く確かな有望な選手です。
トップランクのスーパーフェザー級はメキシコのベルチェルト、バルガスなど人気選手が揃いますが、トップランクに留まる以上はクロフォードの二の舞になるかもしれませんね。

上手く一方的ではあるものの決定力を欠いて仕留められず。
ロマチェンコっぽいか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました