エドガー・ベルランガvsユリセス・シエラ 15連続初回KOは本物なのか

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

エドガー・ベルランガvsユリセス・シエラ

試合内容

15戦15KOのプエルトリカン、ベルランガ。
全ての試合を3分以内で終わらせてきました。

文字にするとかなりインパクトはありますが全KOの為に相手を吟味しているとも言え、一部ファンは彼のマッチメイキングに関して否定的です。
ベルランガの自信に繋がればいいのですが、相手の質が上がるに従い経験不足が露呈するような結果になるような気がします。

シエラは15勝9KO1敗2分.

Edgar Berlanga Makes it 16 fights, 16 1st Round Knockouts, Finishing Sierra | FIGHT HIGHLIGHTS

ベルランガは剛腕を振り回しこの日も初回で終わらせようと試みます。
シエラは腰が引けて弱々しいもののしっかり反撃。
しかしパワーが違いすぎます。
ベルランガの右フックでシエラが初回からダウン。
再開後も剛腕を振り回してシエラに襲い掛かるベルランガ。
3度目のダウンを奪うとレフェリーが試合をストップ。

感想

ふと、そう言えばベネズエラのエドウィン・バレロが後楽園ホールで1ラウンド生き延びたら100万円とかやっていたのを思い出しました。
ベルランガにバレロほどの狂気は感じませんがパワーは本物でしょう。
まだまだ若く将来的にはカネロの対抗馬になれる素質だと思います。
本人もカネロを意識しているようですし。

楽しみな選手です。

と言いつつも同じ全KOの馬券なら私はウェルター級のオルティスを買います。

快進撃は続く バージル・オルティスJrvsサミュエル・バルガス
バージル・オルティスJrvsサミュエル・バルガス 私のお気に入りの登場です。 これまでの試合は全てKO。 ベルトへ登り詰めるまで時間の問題に見えます。 試合内容 オルティスの戦績は15勝15KO。 サミュエル・バルガスは31勝1...

コメント

  1. 右利き(長文ですいません) より:

    自信を付けるためのマッチメイクは時に良い意味でも悪い意味でも本当の実力も隠してしまう可能性があるのが怖い所ですね。
    ベルランガ、ハードヒッターではあるけれどハードパンチャーではないように見えてしまいます。
    記事でも出てきたバレロは、練習風景を見るとスパーの中でも綺麗なパンチを打っていました(試合中のバレロに比べたら、ですが)ベルランガも練習をしっかりしていると思いますが、試合の中で強いパンチだけではなく、言い方は難しいのですが綺麗で痛いパンチも打つようになれば、文句をつけられないハードパンチャーになれるかも?

    まぁバレロと比べるのはかわいそうですが。表情からして怖かったですもんねバレロ(笑)

    • とぉとぅぉとぉ より:

      バレロほどの狂気を感じる選手なら心配無用と言うか、相手が誰であろうと恐れず襲い掛かりそうですが、ベルランガにはそこまでの狂気は感じないんですよね。
      スーパーミドル級は甘い階級ではありませんので、苦戦も経験しながら前へ進める選手の方が期待できますよね。

タイトルとURLをコピーしました