2021-01

コラム

カネロ不在のミドル級

ミドル級の覇権 カネロがスーパーミドル級へ移ったことである意味活発化したと言えそうなミドル級。 カネロ抜きにしても十分面白い階級であることは確かでタレント揃い。 ジョナサン・バンクの元でモデルチェンジを果たしたゴロフキン。 ミド...
ニュース

新旧スピードスター対決

ホルヘ・リナレスvsライアン・ガルシア 新旧スピードスター対決 去年の今頃に盛り上がっていました。 新旧スピードスター対決。 デービスとの試合はやはり実現思想にない。 代わりにリナレスvsライアン・ガルシアがまた再燃しているようで...
ニュース

快進撃カネロの次戦

カネロ・アルバレスvsアヴニ・イルディリム イルディリム 35歳くらいに見ますがイルディリムは現在は29歳。 トルコ人。 21勝12KO2敗。 カネロの敵ではありません。 恐らく第二のフィールディングです。 イルディリ...
ニュース

ムンギアとゴロフキン2.0

ゲナンディ・ゴロフキンvsハイメ・ムンギア NEWゴロフキン 38歳。 デレブヤチェンコとの試合ではあわやダウンという場面も見せ、遂に衰えたと言われていたゴロフキン。 しかしシェルメタ戦でその評価を覆しました。 世界中のファンを驚...
コラム

ライト級のボス

ボスはテオフィモ 超新星ライアン・ガルシア 群雄割拠し、現在競争が最も熾烈で注目を浴びている階級です。 ヘイニーが一応WBC正規王者でテオフィモはフランチャイズというポジション。 形式上はフランチャイズが上らしいですが、メディアの作...
ニュース

恐怖のチャレンジャー

ウェルター級の未来 ライアン・ガルシアが大人気、看板選手のDAZNですが、このオルティスも忘れてはいけません。 全KOのトッププロスペクトです。 パワーだけじゃない このオルティス、全KOだけあってパワーは本物。 王者級のもの...
プロスペクト

164cm、ライト級の”ピットブル”

アイザック・クルス・ゴンザレス 164cm 小柄ながらパワフルなプロスペクト。 同じくらいの身長のライト級と言えばタンクを想像しますが、タンクはまだ本格的なライト級の体格をした相手と戦っていません。 クルスはなんと身長164...
ニュース

マイキー・ガルシアの大きな野望

マイキー・ガルシアvsテレンス・クロフォード なぜガルシアの名がPFPランキング入っていないのだ。 ガルシアはウェルター級の選手じゃない。 ライト級程度の体格しかないガルシアは技術でウェルター級を克服しているのだ。 ガル...
ニュース

ウズベキスタンからの脅威

ムロジョン・アフマダリエフvs岩佐亮佑 わずか8戦で2冠王者 ウズベキスタンのトップアマ。 スーパーバンタム級とは思えないほど力強い選手ですが、それだけではありません。 豊富なアマチュアキャリアに裏打ちされた高い技術があり変幻自在の...
コラム

PFP、4階級制覇。もうタトゥーなんかどうでもいい

井岡一翔vsジェルウィン・アンカハス ファンの心を動かすもの ボクシングファンの井岡支持は試合を追うごとに大きくなっています。 弱腰のマッチメイキングを行っていた井岡ジム所属の頃とは全く質の異なるファンが支持しています。 あの頃...
ニュース

ヘイニーのたらい回し

デビン・ヘイニーの憂鬱 ライアン→テオフィモ→??? WBCには2人の王者がおりフランチャイズ(このベルトと正規の上下関係が分かりません)にテオフィモ、正規王者にヘイニーです。 ヘイニーはテオフィモの「Eメールチャンピオン」の表現...
タイトルとURLをコピーしました