カネロ不在のミドル級

toe2toeのYouTubeチャンネル
コラム

ミドル級の覇権

カネロがスーパーミドル級へ移ったことである意味活発化したと言えそうなミドル級。
カネロ抜きにしても十分面白い階級であることは確かでタレント揃い。

ジョナサン・バンクの元でモデルチェンジを果たしたゴロフキン。
ミドル級スーパー王者へと格上げとなった村田。
スーパーウェルター級から階級を上げてきたムンギア。
ミドル級最強の声もあるチャーロ。

カネロがストッパーとなっていたミドル級でしたが遂に動きだすかもしれません。

ゴロフキンvsムンギア

ムンギア陣営がゴロフキンとの試合を交渉中なんだとか。
カネロを失ったGBPは今すぐにでもメキシコの金のなる気を育てなければなりません。

このマッチメイクには焦りを感じます。
38歳になったとは言えシェルメタ戦のゴロフキンはまだまだ超強豪。
未だに破壊的な拳は健在でアマチュア時代に培った技術を活かしたニュースタイルは元スーパーウェルター級王者とは言えミドル級のコンテンダーに過ぎないムンギアには荷が重いと言わざるをえません。

ゲナンディ・ゴロフキンvsカミル・シェルメタ GGGは健在、ニュースタイルで切り刻む
ゲナンディ・ゴロフキンvsカミル・シェルメタ 試合内容 明日に控ええたカネロvsスミス。 ゴロフキンはカネロを3度目の正直で打倒できるのか。 試合の内容次第では3戦目もあり得るはずです。 戦績は40勝35KO1敗1分。 新たにバ...

村田vsセルヒオ・マルティネス

村田の次の防衛戦は元世界王者、PFPのマルティネスになる確率が高いとの情報も目にしました。
一応マルティネスはWBAのランキング5位に何故か位置付けられています。

現在ランキングに入っていますが一度目の引退となったミゲール・コット戦のマルティネスは壊れてしまっていたと言って過言ではない内容でした。

マルティネスは現在45歳。

元PFPとは言え壊れている上にブランクのある高齢の彼がランキングに入っているのはボクシングの政治的な理由しか考えられません。

村田の知名度向上には繋がるのでしょうがコット戦のマルティネスを見たファンが45歳、老人と言える彼に勝った村田を評価するとは思えません。

WBAランキング一位にはユーバンクがいます。
ユーバンクはドイツの大手プロモーターと契約し新たなキャリアを始める準備をしており、村田を指名しています。
個人的にはユーバンクとの試合に期待していたんですが。
まさかマルティネスなのか…

デレブヤチェンコに差を見せつけ階級最強に推す声の多いチャーロは静かなまま。
PBCに骨を埋めるつもりなのかチャーロ…

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    村田はセルヒオマルティネスとなんですか? これは、、、村田はどうやってモチベーションを上げるんでしょう。というか村田の真意がどこにあるのか未だに分かりません。色々政治的なものはあるにしても、そこまで電通とかが敷いたレールしか歩けないのかなぁ。。。
    もう、GGGに勝つ、というよりも GGGと日本で試合をする事 だけしか考えていないのでは?と思いますね。 結局村田は作られた世界王者なのかホンモノか、未だに分かりません。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      最近のメディアは憶測で話してることばかりなので、恐らく記者の妄想です。
      でもよく見てみるとマルティネスがランキングに入っていたので私は驚いたんです。

      村田も若くないのでGGGが無理なら過去のビッグネームもあり得なくはないのかと思った次第です。

  2. スミ より:

    本来2月に予定されてた村田の相手は無名の選手らしいです。それに比べたらマルティネスは知名度の割にいい相手だと思います。

    ブランダムラ戦もそうですが、周りの人達が村田の実力を信頼していないのでしょう。
    GGGのようなビッグマッチを掴むまでは欧州勢あたりが対戦相手になるのではないでしょうか。あとはブラントとの再戦契約ですかね。

    現状中量級の世界レベルにいる唯一の選手なので仕方ないのかもしれません。村田がどう考えてるのか気になります。

    • スミ より:

      知名度の割にではなく、知名度があってです。

      • とぉとぅぉとぉ より:

        欧州勢ですか。
        誰になるんですかね。
        ユーバンクJrがファンに評価されながら知名度もまあまあ上げられると思うんですがどうでしょう。
        ミドル級は層が厚いので仕方ありませんが、ミドル級トップレベルで戦う村田には期待してしまいますよね。

タイトルとURLをコピーしました