エスキバ・ファルカオvsアルツール・アカボフ ロンドン銀メダリスト

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

エスキバ・ファルカオvsアルツール・アカボフ

ファルカオは村田と同じロンドンオリンピックに出場し銀メダリスト。
村田より出世は遅れています。
が、若くはなく31歳。
ミドル級での村田のキャリアは世界的に見ても恵まれていますね。
27勝19KO。

今回から相手のレベルが一段アップ。
20勝9KO3敗のアカボフ。
アカボフは3敗していますが、アンドレイド、サンダースと戦い苦しめました。
分かりやすい強さはありませんが、王者を苦しめるほどの実力があります。

初回アカボフは前進。
パンチに破壊力はありませんが姿勢を落とし執拗に手を出します。
この戦いがアカボフの土俵。
ファルカオはアカボフはこれを上手くコントロール。

2回ファルカオは余裕をもってアカボフにハードショットをねじ込む。
アカボフはファルカオの守りを崩しきれず、どうしようかと考えているうちにファルカオの攻撃を受けてしまいます。
アカボフは手を出し続けないと勝機はないぞ。

3回もアカボフを追い回すファルカオ。
どうしたアカボフ。
持ち味が活きません。
ファルカオがそうさせないと言ったほうが正しいのか。
タイトなディフェンスとカウンターで上手くアカボフの攻撃の芽を摘んでいるのでしょう。

3回からはパンチに力がこもってきたファルカオ。
ロープで滅多打ちにする場面も。
アカボフは何もできないまま消耗。
KOは時間の問題。

と思ていたらアカボフのコーナーがギブアップ。

アンドレイドvsアカボフ 顔よしボクシングよし人気なし!
俺は大物としか試合をしねえんだという態度でデレブヤチェンコ、ジャモールとは戦いたくない。 カネロのドーピングでゴロフキンとの試合が延期になったときは右腕だけでゴロフキンとやってもいいよ?契約書に書いてくれ。とか発言しておりなんか勘違いして...

感想

ファルカオはゴロフキンやチャーロのような圧倒的なパワーはありませんが、王座奪取に必要なパワーはあります。
そしてスピードとテクニックがあります。
ロンドン銀メダリストは伊達ではありません。

戦績、年齢的にそろそろ勝負ですね。
トップランクなので村田との因縁の対決もなくはなさそうです。

アカボフは鼻を骨折していたみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました