ローマン・ゴンザレスvsファン・フランシスコ・エストラーダ2 井岡との統一戦は?

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

ローマン・ゴンザレスvsファン・フランシスコ・エストラーダ

試合内容

WBAとWBCのベルトを賭けた2冠戦。
8年前にライトフライ級で戦った両者が2階級を上げ再び激突。
拮抗した試合をゴンザレスがものにしました。

ゴンザレスは50勝41KO2敗。
エストラーダは41勝3敗

HIGHLIGHTS | Juan Francisco 'El Gallo' Estrada vs. Roman 'Chocolatito' Gonzalez

初回からゴンザレスは手数で勝る。
エストラーダは様子見。

2回から攻防が激しくなりました。
プレッシャーをかけるのはゴンザレス。
脚を使いプレッシャーを躱すエストラーダ。
手数のゴンザレス。
一発の見栄えはエストラーダ。

序盤、プレッシャーをかけゴンザレスは巧みな打ち分けで細かくヒットを奪っています。
しかし一発一発の重さはエストラーダ。
体格で劣るゴンザレスはガードの上から揺らされる。
互角の攻防ながらポイントはコツコツ当てるゴンザレスか。

中盤から激しさを増します。
お互いに譲らない打ち合い。
致命打は食わないもののお互いにヒット、ダメージは蓄積されていきます。
体格で劣るゴンザレスに分が悪い展開かもしれません。
エストラーダがゴンザレスを押し返し下がらせる場面も。
挽回しています。

終盤もお互いに譲らず押したり引いたりの目まぐるしい攻防が繰り広げられます。
これまで休みなく打ち合っていますが、底なしの体力を持つ両者は休みません。
休んだ方が負ける、普通なら音をあげる打ち合いです。
顔も痛んできました。

SDでエストラーダ。

感想

序盤はゴンザレスが手数で押し切るのかと思いましたけどね。
エストラーダが後半追い上げましたかね。

ゴンザレスはコンビネーションにディフェンスと職人的な技巧派見せてくれましたが、このあたりが限界でしょう。
シーサケットもそうでしたがどんなに当てても一発でチャラにされてしまいます。

エストラーダ強いですね。
冷静で技術があり36分間休まず動き続けるタフさもあります。

井岡との統一戦が実現すれば下馬評は井岡が不利。
田中ともまた違った展開になりそうで興味がそそられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました