イスライル・マドリモフvsエマニー・カロンモ ウズベクのGGG

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

イスライル・マドリモフvsエマニー・カロンモ

試合内容

大物プロモーターエディー・ハーンのお気に入りマドリモフ。
野性的なスタイルが売りのウズベク。
6勝5KO。

カロンモは14勝14KOのドミニカ人。

HIGHLIGHTS | Israil Madrimov vs. Emmany Kalobomo

マドリモフがカロンモを揺さぶりながらプレッシャーをかけてビッグパンチを狙います。
カロンモはこの揺さぶりに対しても平然とそしてタイトに構えて簡単には崩れません。

これまでの相手と違い肝が据わっています。
カロンモは時々コンパクトなパンチを当てていますが、ダメージを与えるには至りません。

後半疲れも見えるマドリモフ。
しかし要所要所で反撃しカロンモに主導権は譲りません。
8回に左フックが交錯し、カロンモがダウン。

9回もカロンモが細かく手数を出し、マドリモフはビッグパンチ狙い。

最終回は力を出してフィニッシュ。
UDでマドリモフ。

感想

カロンモは戦績通りの強敵でした。
判定を聞いた後の悔しそうな顔。
また這い上がってきそうな気がしました。

カロンモはかなりの強敵に見えましたがマドリモフが勝ち切りました。
ド派手なスタイルですが燃費は悪い。
3本のベルトを持つチャーロはスピードでマドリモフより上、パワーもどれほど有利か分かりません。
残るベルトを保持するカスターノはスピードとスタミナで勝ります。
何よりカスターノはディフェンスがいい。
マドリモフも大振りとの相性は悪そうにも見えます。

王者級相手にこの部分を何でどう補っていけくか。

ハーンは急がせると公言しているので、今年勝負かもしれません。

ブライアン・カスターノvsセドリック・ヴィトゥ
こっちで紹介したカスターノの暫定ベルトの防衛戦。 アルゼンチンのトッププロスペクト この程度のサウスポーに手こずっていては ララは厳しいですね。 まあララはハードに葬ってもらうので、この階級でよ役目はなくなります。 ハードとの...
ブライアン・カスターニョvsエリスランディー・ララ 生き残るのはどっちだ!?
負けられない試合 試合内容 この試合はララが言うようにララとカスターニョにとって負けられない試合です。 統一戦、PFPへの足掛かりとなる試合です。 ララはリラックスして右のジャブを伸ばします。 リーチ長いんだよなララは。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました