アンディー・ルイズvsクリス・アレオラ

toe2toeのYouTubeチャンネル

アンディー・ルイズvsクリス・アレオラ

試合内容

試合前の会見では両者ともに終始、互いの経験や能力へのリスペクトをみせていました。
アレオラはヴィタリへの初の負けからかなりしぶとくやっていますね。
45戦以上を経験しベ経験がいい味付けになっています。
38勝33KO6敗1分。

ルイズはジョシュアへの大番狂わせで3本のベルトを獲得しましたたが、すぐに取り返えされてしまいました。
ジョシュアのアメリカ進出という夢をくじきましたが、ヘビー級で立派な王者と言える防衛の実績はありません。
再びベルトを巻くために、この階級のエリートレベルに食らいつくために勝たなければならない試合です。
33勝22KO2敗。

Andy Ruiz vs. Chris Arreola: First Look | HIGHLIGHTS | PBC ON FOX

初回、ルイズが積極的にプレッシャーをかけアレオラを追います。
アレオラはタイトに構えて横へ動きルイズのプレッシャーを躱す。
ジョシュアの再現をしてやろうという意気込みが伝わってききます。
ルイズもカネロ並みの前進。

2回も同じような展開。
しかしアレオラのワンツーがヒットしルイズが膝をつく。
そこからアレオラは一気に連打でたたみかけましたが、ルイズの余力を警戒しふたたびアウトボクシグ。
ルイズは効いていないとばかりに圧力を強めます。

3回、アレオラはアウトボクシングですが、時々意を決して得意のコンビネーションをみせます。
ルイズは1発1発強振。派手にアレオラの腕を叩いています。
この回は序盤にアレオラが終盤にルイズが。ダメージを奪い合いました。

4回からルイズのプレッシャーを押し返し始めたルイズ。
ルイズは見栄えはいいのですが打ち合いの場面でアレオラに上回られる。

5回からアレオラの圧力がルイズを上回り始めます。
一発の見栄えはルイズですがアレオラもコツコツ当てています。

6回から攻防が激しくなりお互いにヒットが増える。

後半何度かアレオラは左肩を痛がるそぶりをみせます。
怪我か?
でもビシビシ打っているんだよな。

終盤の方が序盤より距離が近くなり攻防が激しくなり、ルイズのスピードとパワーが目立つようになってきましたが、アレオラのパンチも当たる。
お互いにダメージは蓄積しますが決定打がありません。
チャンピオンシップラウンズまで死力を尽くして最終ベル。

UDでルイズ。

感想

ダウンを奪ったアレオラの勝ちでもいいような気がしましたがUDでルイズ。
一発の見栄えはよかったですし、アレオラよりは期待と人気で上回りますからね。

PFPカネロを指導するレイノソに師事し気合が入っていたでしょうが今回は成果をみせられませんでした。

試合後のインタビューでルイズにはブーイングもありましたし、ダウンを奪ったアレオラとの再戦には前向きだと発言もしていたので再戦になりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました