ロベイシ・ラミレスvsライアン・リー・アレン

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

ロベイシ・ラミレスvsライアン・リー・アレン

試合内容

ここ最近で最も私を驚かせたのはキューバのオリンピック2連覇のこのラミレス。
まさかデビュー戦で負けるとは思いませんでした。
ここですごいのがプロに来るぞと宣伝していた私はどう言い訳していいものかと悩んだのです。
が、その後6連勝4KO、戦績を6勝4KO1敗としています。

アレンは10勝5KO4敗1分。

アレンは腕を上げてガードを固めラミレスはリラックスして高速のコンビネーションを叩き込みます。
ラミレスは初回から左のカウンターでアレンへダメージを与えました。

2回も同じようなカウンターでダウンを奪ったラミレス。

アレンはプレッシャーをかけて横着なラミレスの足が止まると力を込めて連打。
ラミレスはアレンの力を見切ったのか落ち着いてやりたい放題。
ラミレスのパンチにはパワーがないのかアレンはリラックスしています。

後半からはアレンも積極的に前へ出て手を出します。
精度と守りでラミレス、パワーはアレン。

UDでラミレス。

感想

ラミレスは上手くてスピードはあるんですけどね。
フェザー級だとパワーは物足りません。
それに横着なところがあるので強打者が相手だとまた不覚をとるような予感がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました