フロイド・メイウェザーvsローガン・ポール

toe2toeのYouTubeチャンネル

フロイド・メイウェザーvsローガン・ポール

試合内容

44歳メイウェザーと26歳ポール。
ファイトマネー数十億円の大イベント。

初回。
メイウェザーはなかなかのスピード。
ポールはでかい。
終了間際にポールが連打で会場を沸かせるが素人殴りで効果なし。

2回もメイウェザーは警戒心を解かず慎重な戦い。
ポールもジャブが精々。

3回には既にポールは肩で息をして苦しそうな様子。
パンチを打てすぐにしがみついてメイウェザーの反撃を防ぐ。
メイウェザーは体格差もありこれを振り払えない。

その後メイウェザーはハイガードでプレッシャーをかけてダメージを狙いますが、大柄なポールが抱き着くと何もできない。
互いに見せ場なく見るに堪えない内容で最終ベル。
何故か互いに抱き合って健闘を称え合います。

エキシビションマッチなので当然勝敗はつかず。

感想

試合後大ブーイングの大凡戦でした。
メイウェザーはこの小遣い稼ぎをいつまで続けるのか。
カネロに退治してもらいたい。

ポールもポールで延々抱き合ってサバイバルモード。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    一応クルーザー級の6回戦ボクサーですが、メイウェザーにはローガンもマクレガーも那須川も同じようなものですね。
    「倒せよ」という批判はマクレガー、那須川戦を受けてのものだと思いますが、重い順に倒すのに時間がかかりクルーザー級まで行くと、少なくともエキシビションにおいては9Rでは無理という事でしょう。
    むしろ通常より興行性が求められるエキシビションでサバイバルモードのローガンは何をしに来たんだって感じですが。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      最後まで立ってるだけで賞賛されるなんてちょろいスポーツですよねほんと。
      この手の茶番はこれまでにしてもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました