天は二物を与えず

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

クロフォードの対戦候補がトップランクのボブアラムにより公表されました。
間違いのない強豪ですが、3階級全勝、元統一王者のクロフォードの相手にふさわしいとは思えません。
率直に言うといくらクロフォードといえど絶対に勝てるとはいえない相手ばかりです。

しかしクロフォードが望む大金は得られない。

クロフォードvs

プログレイ

まず一人目は元スーパーライト級王者プログレイ。
この男はスーパーライト級でも最高級の能力があったといっていいでしょう。
現スーパーライト級議論の余地なき最強王者ジョシュ・テイラーとの接戦を演じて見せています。

Prograis vs Taylor – WBSS Season 2 Super-Lightweight Final

プログレイは一発のパンチ力なら現役屈指、クロフォードが戦った中でも最強は間違いありません。
技巧に関してもクネクネと相手のパンチを交わすディフェンスがあります。
打ち合いになればプログレイが有利と言えそうです。が、クロフォードに近づけるかどうかは議論の余地ありですね。

プログレイのパンチには誰も耐えられない。
当たれば終わると言う期待は持てる。

ラミレス

元スーパーライト級2団体統一王者。
テイラーに敗れただけの男です。
クロフォードが苦戦したポストルを底なしの体力で押し切りました。
この男の闘志ならクロフォードにもトラブルがあるかもしれませんが、その確率は高くはない。

ラミレスがいくらタフといってもブルックをワンパンチで沈めてしまう今のクロフォードのパンチが直撃に耐えらえるとは思えなない。

PFPファイターに挑むとなるとラミレスの過去最高のコンディションに期待。

ぜペダ

ぜペダに関しては率直にあまり希望がありません。
猛牛バランチクとの試合で見せた闘志とタフさはスーパーライト級でも屈指と言えそうですがクロフォードは一つ上のレベル。
王者以上でなければ手に負えません。

元王者プログレイやラミレスとの試合は興味がそそられる一方でやはりウェルター級統一戦に期待したい。
スペンスvsパッキャオの勝者と戦ってくれ。

ボクシングの神がクロフォードの天才に帳尻を合わせるために慌てて意地悪しているに違いない。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    直接対決で結果が出ているのであれですが、スイッチが入るまではボクサーのゼペダよりは、最初からバーサーカーのバランチェクの方が期待できそうです。
    ゼペダはスイッチ入る前にバラバラにされてしまうと思います。

タイトルとURLをコピーしました