エリクソン・ルビンvsジェイソン・ロサリオ

toe2toeのYouTubeチャンネル
未分類

エリクソン・ルビンvsジェイソン・ロザリオ

試合内容

チャーロに1回衝撃KO負けを経験してから6戦目。
毎試合逞しさを増している印象を受けるルビン。
今回の相手は番狂わせによって2団体のベルトを手にしたロサリオ。
この相手に印象的な勝ち方ができればチャーロへのリベンジが近づきます。

ロザリオもチャーロに負けて二本のベルトを失いました。
その試合では一発、奇妙なジャブで悶絶してしまうまでは互角の内容でした。
実力は間違いありません。
人気のあるルビンへの勝利はチャーロへのリベンジには欠かせません。

Erickson Lubin Jeison Rosario

初回からパンチを共振するロザリオ。
気合十分。
ルビンはやや下がりながら応戦。
鈍い音を響かせる左のボディーショットが印象的。

ロザリオはルビンを後退させる得意の展開。
ルビンはロザリオの腹にダメージを蓄積させていく。

ロザリオはハイガードで耐えているがルビンのフックは強烈今にも打ち破られそうな雰囲気はあります。
プレッシャーを弱めるとやられそうです。

中盤も手が緩むことがないロザリオ。
ルビンをロープへ押し込む場面を見せます。

6回に左右のボディーショットでロザリオがダウン。

追撃を受けると力なくダウン。

KOでルビン。

感想

ルビンは左のパンチが強烈になったと感じます。
チャーロ戦まで感じていたぎこちなさがなくスムーズ。
元王者ロサリオを印象的なノックアウトで破りました。
今後に期待したい逸材です。

ロザリオはチャーロといいこの試合といい腹が弱点ですね。
今後の対戦相手は狙ってくるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました