ティム・チューvsスティーブ・スパーク

toe2toeのYouTubeチャンネル

ティム・チューvsスティーブ・スパーク

試合内容

偉大な父親コスタヤの実子。
父親譲りの破壊的な拳が持ち味。
ジェフ・ホーンとのオーストラリア人対決を制して最前線まで後一歩でしたが、コロナによりキャリアが停滞。
今回の相手はオーストラリア人。
これほどの逸材が足止めを食うのはボクシングにとっても打撃です。

スパークは12勝11KO1敗のハードパンチャー。

チューはジャブを突きながら前進、一発を狙う。
スパークはチューのパワーを経過しいた立ち上がり。
初回は上手く撹乱してヒットを奪っています。

2回にはスパークは足を止めて打ち合い。
危険なパンチが両者の鼻先を掠める。

先にペースを握ったのはチュー。
パワーが違います。
チューは容赦無くスパークを打ち続ける。

3回、チューのパンチの鋭さは増すばかり。
打つたびに鋭利になります。

スパークは守りに追われて持ち味が活かせない。

残り1分ボディショットが直撃。
スパークがダウン。
チューは再び同じパンチでダウンを追加。

感想

KO率をみるとパワー対決の様相でしたが。その実パワーが桁違い。
勝負になっていませんでした。
スパークは初回はいいパンチを当てましが、2回以降は為す術なし。

2回以降は一方的でした。
チューの世界的な活躍が待たれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました