マイケル・コンランvsTJドヘニー

toe2toeのYouTubeチャンネル

マイケル・コンランvsTJドヘニー

試合内容

空位のフェザー級タイトルをかけた戦いです。
アイリッシュ対決だけあって熱狂に包まれている会場。

コンランは15勝8KOのスイッチヒッター。
大きなファンベースがある軽量級のスター候補として期待されています。

ドヘニーは元王者。
日本で二度タイトル戦を行なっています。
ダニエル・ローマンに負けを喫してからは成績はイマイチ。
間近5戦は3勝2敗。

初回コンランはサウスポーでスタート。
力強いジャブを上下に伸ばしてドヘニーを突き放し、ドヘニーの入り側に右フックのカウンター。

ドヘニーは不安な立ち上がり。

2回はボディーブローが印象的なコンラン。
ドヘニーはプレッシャーをかけますが思うような攻撃はできていない様子。

ドヘニーはその後もコンランのテクニックに手を焼き何もさせてもらえず。
コンランは終始試合を支配。

5回にコーナーへドヘニーを追い詰めたコンランが連打。
うずくまったドヘニーを見かねたレフェリーがダウンを宣言。
再開後はコンランが猛攻。
ドヘニーは命からがら生き延びました。

余裕を持って後半へ折り返したコンラン。
ドヘニーは必死に食らいつくもいいところはなし。

8回はオーソドックスへスイッチしたコンラン。

9回は再びサウスポー。
その後も巧みに試合を支配しフィニッシュ。

UDでコンラン。

感想

元王者相手に完璧な試合運びでしたコンラン。
オリンピアンだけあって技術は抜群ですね。
この日はディフェンスでも魅せました。

井上がフェザー級へ行くまでにコンランが負けなければという前置きは必要ですが、フェザー級で狙うならコンランです。
人気は絶大ですがフェザー級で安定して誰にでも勝てるというような王者にも見えない。
それまで負けずに全勝を守り続けて欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました