カネロとプラントではキャリアが違いすぎる

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

カネロ・アルバレスvsケイレブ・プラント

キャリアの差を見せるか

11月6日、日本時間だと11月7日。
プラントと4団体統一を行うと発表されました。
PBCにより放送されます。

おそらくPPV。
プラントにネームバリューがないと言っても飛ぶ鳥を落とす勢いのあるカネロです。
大金を生み出すことは間違いありません。
4団体統一はメキシコ人初。

カネロのキャリアに大きな箔がつきます。

現状は敵なしに見えるカネロに対してプラントがどれほど対抗できるか、という所でしょうか。
プラントが勝てると思っているファンは少ないはず。

その一つはキャリア。
カネロとプラントでは潜ってきた修羅場が違いすぎます。
20代前半から世界戦線を戦い続け、近年はミドル級の帝王ゴロフキンのプレッシャーを押し返し、ライトヘビー級のコバレフを捻り潰しました。
その強靭さと溢れ出る強気な自信はスーパーウェルター級時代とは桁違いです。
現状は普通の王者では手が付けられない強さ。

最近王者になったプラントでは相手にならないと考えるのが普通でしょう。

メイウェザー戦の再現

プラントはサイズでカネロに勝りますがスピードでも優っている。
エリスランディ・ララやメイウェザーが見せたようなアウトボクシングならカネロに一泡吹かせられる、と言いたい所ですが今のカネロは対戦相手のガードごと破壊してしまいます。

経験の乏しいプラントにはカネロのパワーにた荷が重いように思います。
サンダースがそうであったようにカネロのパワーを恐れ、カネロに威圧され、最後にはどこかを壊されてギブアップ。
そんなイメージが湧いてしまいます。

今のカネロが負ける想像はできない。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    プラントって新進気鋭な印象でしたがもう29歳なんですね。才能は感じるんですけど、見てわかる強さが無いんですよね。フレームと機動力の総合力は高いのでどう活かすかですが、カラムスミスを見るに望みは薄そうです。
    しかしフィールディング、カラムスミス、プラントと防衛回数3回以下の王者達で四団体統一となるとなんかお得な感じしますね。
    まぁ鴨がネギ背負ってやって来たような2団体統一王者インドンゴとかもありましたし、カラムスミスやプラントは実力者と見られているのでケチをつけることもないんですが。

タイトルとURLをコピーしました