マニー・パッキャオvsヨルデニス・ウガス

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

マニー・パッキャオvsヨルデニス・ウガス

試合内容

42歳と35歳のチャンピオンシップファイト。
誰もが知っているパッキャオと戦うのは急遽代役として選ばれた無名のキューバ人ウガス。
負けなしではありませんが、はっきりとどちらも応援したくなるキャリアを歩んでいます。

私は無名の苦労人ウガスにどうか名前を打ってほしい。

パッキャオは初回からスピードで煽りウガスに猛攻をかける。
ウガスはハイガードでこれを冷静に対処。
体格差は明らか。

予想通りスピードの差は顕著。
ウガスはどうこの差を埋めていくか。

2回、ウガスはじりじりと圧力をかけていく。
パッキャオは特徴であるスピードで翻弄しようと試みるも肝の座ったウガスは動じない。

3回もウガスはプレッシャーをかけ打ち合う。
パッキャオは42歳とは思えない怒涛の攻撃でウガスをロープへ送ります。
しかしながらダメージは与えられない。
後半まで心配になるペースです。

序盤からウガスの右のオーバーハンドが再三当たります。

後半もコンパクトな守りのウガスを崩せないパッキャオ。

10回からこれが32歳と25歳の動きかと見まごうほどの攻防を披露する両者。

シャンピオンシップランズは疲れも見えてきたパッキャオですが、気迫では譲らず。

UDでウガス。

感想

番狂わせでウガスが勝り。
ウガスファンとしてはこのままスペンス、クロフォードまでたどり着いてほしいですね。

パッキャオは会見で引退をほのめかしていました。
十数年にわたり世界のトップを走り続けました。

永遠に語り継がれる伝説です。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    番狂わせではありますが、オッズや予想がおかしいです。実力的にはそこまでの番狂わせではありません。そもそもウガスはメイウェザーを除けば直近で最もパッキャオを苦しめたホーンに近い物量と、圧倒的なテクニック、勝利への飢えを持った選手です。
    ブックメーカーのオッズはギャンブルなのでともかくとして、リングマガジンでの専門家20人の予想が1-19でパッキャオ、半数近くがKO予想というのは本当にウガスを知っていたのか疑います。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      それはウガスファンとしては残念です。
      リングマガジンの記者は専門家を名乗っていいのでしょうかね。
      KO予想に関しては口が裂けても私は言えません。
      ウガスを知らない、というのが真相では?

タイトルとURLをコピーしました