イヴァン・バランチクvsモンタナ・ラブ 猛牛vsマタドール

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

イヴァン・バランチクvsモンタナ・ラブ

試合内容

WBSSでベルトを獲得した元王者バランチク。
いばらの道を突き進む彼の相手はアメリカのプロスペクト、ラブ。
ここは踏ん張らねばなりません。

ラブは16勝8KO1分のサウスポー。
少しづつレベルを上げ、今回は元世界王者。
この試練を乗り越えられるか。

初回からバランチクはプレッシャーをかけて剛腕を振り回す。
ラブはスマートにこれを躱す。
まるで闘牛とマタドール。
ラブのアウトボクシングが機能し細かくヒットを重ねます。

3回にバランチクの左フッククリーンヒット。
ラブはダメージを受けて交代、ロープで猛牛の突進を必死に捌きます。

この回の終了間際、レフェリーのストップの指示を無視してラブが右フック。
バランチク効かされてしまった。
場内は大騒ぎ。

4回にバランチクは前に出るが足元がおぼつかない、
大丈夫か。
大振りでラブへ迫るが空振りが多く当たらない。
ラブの方が的確でダメージを与えている。
アッパーカット、ストレートでバンランチくは膝を揺らす。
バランチクは明らかに手数が出なくなってきている。

5回、バランチクもやられっ放しではない。
相打ちの左フックでラブの腰が落ち、ダウン寸前。
しかしベルが救う。

6回は動き回り回復に努めるバランチク。

7回は出てきたラブ。
蓄えた力を使って強振。
終了間際、バランチクが出てきたところへアッパーカット。
再開後はすぐにベル。

しかしコーナーで棄権しました。

感想

バランチクは歴戦のダメージが心配です。
倒し倒されの試合ばかり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました