シャクール・スティーブンソンvsジャメル・ヘリング

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

シャクール・スティーブンソンvsジャメル・ヘリング

試合内容

スーパースター候補、ディフェンスマスターのシャクールが2階級制覇を目指しスーパーフェザー級タイトルへ挑戦。
16勝8KO。

ヘリングはイラク出兵を経験したヒーロー。
伊藤との試合では沢山の仲間が駆け付けました。
伊藤を退けた後に3度防衛し今回4度目の防衛戦。

体格差ありますね。
ライト級でも長身の部類のヘリングとフェザー級から上げてきたシャクール。
初回から激しいペース争い。
目が行くのはシャクール。見切りが異次元。

ヘリングのスピードがあり悪くはないのですが…
長身のアドバンテージが完全に無力化されています。

2回には後退を余儀なくされるヘリング。
シャクールの前進を抑えられず一方的に攻め込まれています。
何もできません。

3回には余裕綽々のシャクール。

4回にプレッシャーを押し返そうと試みるヘリング。
シャクールは紙一重で躱して狙い撃ち。
序盤だけでヘリングは消耗。
最終ベルは聞けそうにない。

途中シャクールのペースは緩くなるもヘリングは主導権を奪い返せず。
シャクールは淡々と削る。

KOを意識してスパートをかけてきたシャクールにヘリングは成すすべなく解体されてしまいました。

感想

シャクールは圧巻のパフォーマンス。
手ごわい王者を簡単に片づけました。
恐ろしい天才。力強さもが大幅に増したように見えました。

ヘリングは若き天才に圧倒されてしまいましたが、アメリカの英雄であることは変わりません。
王座を失っても常に歓迎されるでしょう。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    今回は親友、前回は婚約者の兄?でしたか。デスゲームみたいなマッチメイクをされてますねシャクール。
    今回の試合を見るにパワーレスで倒せていないわけでは無いようなので、相手に対する心理的なブレーキなのか、慎重すぎるだけなのか。
    バチバチに敵視し合っている相手との試合が観たいですね。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      デスゲーム(笑)
      スーパーフェザー級では敵無しですね。
      ライバルの不在が悔やまれます。

  2. LOMA fanboy より:

    いやあ、ちょっと信じがたい圧巻のパフォーマンスでしたね。
    前回のナカティラにしても今回のヘリングにしても決して弱くない(ヘリングについては3度防衛を重ねた王者なので言わずもがなですが)相手なのに、相手に何もさせず内でも外でも圧倒するってちょっと普通じゃないですね。
    シャクールのあの悪魔じみた距離感の良さはなんなんでしょうね。目が良いって次元じゃない気がしますが……。
    心配なのはこれだけのパフォーマンスを見せてしまうとSフェザーでは相手が見つからなくなりそうなところです。バルデスはコンセイサオにあのザマでは逆立ちしても勝てそうにありませんし、まずやらないでしょうから今後のシャクールの進退が気がかりです。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      コンセイサオとやるような気がします。
      バルデスはシャクールとはやらんでしょう。
      ポテンシャルはメイウェザー級ですよね。

タイトルとURLをコピーしました