スーパーフェザー級最強 ランキング

toe2toeのYouTubeチャンネル
ランキング

シャクールがヘリングを圧倒。
第二のメイウェザーか。

シャクールの独走

スーパーフェザー級

57.153 – 58.967kg

シャクール・スティーブンソン

17勝9KO
24歳
アメリカ
身長170cm
リーチ173cm

日に日にプロへ順応し強さが増しています。
王者ヘリングとの戦いは圧巻の一言。
実力差は大人と子供。
まさかヘリングをあそこまで圧倒するとは思いもしませんでした。

第二のメイウェザー候補。
未来が見えているかのような見切りは必見です。

2位ジャメル・ヘリング

23勝11KO3敗
36歳
178cm
KO率43%

シャクールに圧倒されましたが、伊藤から王座を奪いフランプトンを鮮やかに片付けるなど実力に疑いはありません。
相手が悪すぎました。
イラクで戦ったアメリカのヒーロー。
動き自体に年齢を感じさせるものはありません。
人柄にも好感が持てます。
もう一度、王座に輝いてほしい選手です。

36歳と引退を考える年齢でだが今後どうなる。

フランプトンを圧倒した技術で天才シャクールに迫れるか。

3位オスカー・バルデス

30勝23KO
30歳
身長166cm
リーチ168cm
KO率66%

ベルチェルトKOは驚きましたがその後曲者コンセイサオに苦戦。
アマの実績でバルデスを大きく上回るブラジルのエリートアマなので、コンセイサオは弱いはずはありませんがドーピング発覚など後味が悪すぎました。
勝ってもチームレイノソ、ドーピング発覚という汚名が消えることはありません。

レイノソに師事してから技術、パワーが増した印象です。

4位 ミゲール・ベルチェルト

37勝33KO2敗
27歳
170cm
KO率86%

一度殴ると連打が止まらない連打型のパンチャーでこれでもか左を打てます。
有利とみられていたバルデスとのメキシカン対決で負けてしまいました。

負けたとは言え彼の魅力が失われたわけではありません。
破壊的な連打型パンチャーとして再び王座へ就くことは十分考えられます。

5位 ロブソン・コンセイサオ

13勝6KO1敗
31歳
179cm
KO率46%

リオ金のトップランク所属。
スーパーフェザー級最強評価のバルデスを前半は圧倒。
32歳の年齢もあってか後半失速。
それでもバルデスのパンチを躱し続け判定。

判定はバルデスのドーピング発覚もあり議論を呼びました。

若くない。すぐに次のチャンスが必要です。
彼なら王者になれます。

6位 シャフカト・ラヒモフム

15勝12KO1分
174cm
27歳
KO率

元スーパーフェザー級王者のディアスとMDのドロー。
年齢はまだまだ若く無敗。これからも多く回ってくると思います。
王者になれるかは紙一重だとは感じますが、ハードなマッチメイクを勝ち抜いてきた本物の世界ランカーです。

7位 アジンガ・フジレ

15勝8KO1敗
25歳
南アフリカ
KO率55%

シャフト・ラヒモフと挑戦者決定戦を行いました。
ラヒモフのワンパンチに沈むまで完璧にアウトボックスしていました。
ラヒモフを翻弄しカウンターを顔面と腹に打ち分け痛めつけました。
スピードだけでなくパンチ力もあり、ラヒモフは顔面も腹もあと一歩で倒れてしまいそうに見えました。

敗戦の後も元気にKOで再起しています。
25歳、初見で魅了されました。
才能あふれる選手です。

日本の尾川と戦います。

動向が気になる要注意人物。

コメント

タイトルとURLをコピーしました