ヘビー級最強 ランキング

toe2toeのYouTubeチャンネル
ランキング

ヘビー級ランキング

ヘビー級はフューリーの一強ですかね。
ワイルダーが3度目の正直も跳ね返されました。

ロシアのプロスペクツに期待。

ヘビー級

90.719kg~

1位 タイソン・フューリー

33勝22KO1分
33歳
206cm
KO率67%

ワイルダーとの3戦目は倒し倒され。
ヘビー級史に残る大激闘の末宿敵をノックアウトしました。
あの日のワイルダーは過去のどのワイルダーよりも強かった。
ジョシュア以上の説得力がありました。

ウシクの機動力を封じ込めることができればヘビー級を統一です。
フューリー帝国の誕生か。

2位 デオンテイ・ワイルダー

42勝41KO1分2敗
36歳
201cm
KO率93%

3戦目は2戦目以上に凄惨な内容になると豪語してしまったのですが、ワイルダーはその予想を大きく裏切ってくれました。
フューリーとの死闘を演じヘビー級史に名を遺しました。
あの大激闘が将来2020年代のヘビー級を彩ることは間違いありません。
この試合をリアルタイムで体験できなかったファンは、きっと私たちをうらやむことでしょう。

若手と思っていましたが36歳。
今後のキャリアにも注目です。
再び王者に返り咲けるか。

3位 オレクサンドル・ウシク

18勝13KO
30歳
190cm
KO率76%

ついにウシクがヘビー級へ進出しベルトを3本手に入れました。
ジョシュアに差をつける形での判定勝利。
ヘビー級で終れる立場となりました。
スピードがアドバンテージが薄まる、ウシクに劣らないスピードを持つルイズ、アマ時代に勝っているものの無尽蔵の手数がありジャブでデュボアの目を砕いたジョイスとの試合はどうか。

4位 アンソニー・ジョシュア

23勝21KO2敗
30歳
198cm
KO率87%

ルイズへの敗戦から闘志が消えてしまいました。
クリチコ戦で見せたような度胸、根性があればウシク戦でも逆転できたかもしれません。
しかしできなかった。
ルイズⅡ、ウシク戦で見せたような消極的なボクシングでは下から迫りくるヘビー級に足元をすくわれる姿が想像できます。

5位 ジョー・ジョイス

11勝10KO
34歳
198cm
KO率90%

スタイバーンがどれくらい力を残していたのか分かりませんが、半端じゃない手数でスタイバーンに考える間を与えず一方的に痛めつけました。
その後惜しい選手ジェニングスを圧倒。
王者候補と言われたジョイスをジャブで一方的に痛めつけて技も見せつけました。強敵相手に力を示しています。
ジョシュアのような爆発的なスピードもフューリーのような圧倒的な技術もありません。
しかし獰猛で頑丈。
息の根を止めない限りは殴り合いを続けられそうな気の強さが垣間見えます。
ジョシュア、ワイルダーより強いのでは?と密かに感じています。

6位 アンディー・ルイズ

34勝22KO2敗
30歳
188cm
KO率62%

ジョシュアをKOして一気にランクイン。
2敗の内1つはパーカーの地元で喫したものですが、試合内容は勝利に等しいものでした。
ジョシュアとの再戦では巨大なジョシュアの機動力とスピードに手を焼き得意のカウンターを当てることが出来ませんでした。
ルイズ初めての完敗です。
ただその試合でも危険なタイミングの相打ちカウンターを狙い続け、ジョシュアの膝を揺らす場面も作りました。
誰にでも真似できるものではない勇敢なカウンターと磨きぬいたハンドスピードがルイズ最大の武器です。

7位ダニエル・ドュボア

14勝13KO1敗
23歳
191cm
KO率92%

運動神経が良さそうな筋骨隆々な選手ですが、ジョイスの拳に屈しました。
高い潜在能力は窺える選手ですが、上位と比較するとアマチュアのキャリアがなく経験不足は否めません。
ここぞという試合での勝負強さ、苦境での強さなどが他の選手に劣る部分だと思います。

パワー、スピードに関しては文句なしに王者級です。

ドュボア、ジョイスはなかなか強気なマッチメイクで甲乙つけがたい。
アジャグバの静かで不気味な感じも怪物じみていて期待してしまいます。

8位 エフェ・アジャグバ

11勝9KO
25歳
198cm
KO率81%

ほぼ全KOのパンチャー、アリ・エレンと全勝対決を制しました。あの日は右手を怪我していてジャブでコントロールせざるを得なかったと後に語っています。
本当なら恐ろしい選手です。
これまで圧勝続きで見せていな部分もかなりありましたがエレン戦に続き次の試合でもキラヅェにダウンを奪われ、多くの部分が判明してきました。
まずスタミナが素晴らしい。延々手を出し続けてもほとんど疲れません。
効かされた後の相手の攻撃への冷静な対処も見事で強者の風格が漂っていました。

スピードはワイルダー、ジョシュア、ルイズ、フューリーには数段劣るため瞬間的な攻防で上回られてしまうディスアドバンテージがありますが、このパワーでエンドレスに殴られたら心は折れます。
期待していますが、現状上位の選手のスピードに屈すると感じます。

9位 ディリアン・ホワイト

26勝18KO1敗
31歳
191cm
KO率66%
30歳
ジョシュアを追い詰め元王者パーカーに競り勝っています。
技術のあるパンチャーで懐に入っての左のタイミングが抜群で打たれ強いパーカーが倒されました。
彼はスタミナがなさ過ぎですね。チゾラ戦で露わになりましたが、全く改善されず。
後半までにダメージを与えられないと後半戦のアジャグバ、ジョイスは悪夢ですね。

10位 ルイス・オルティス

31勝26KO2敗
40歳
193cm
KO率74%

コウナツキの上にしようかと思いましたが年齢が…
高齢です。
アマチュアの下地がありパワーと技術は高水準で迷いますね。
でもコウナツキに期待。

ワイルダーとの初戦ではKO寸前まで追い詰めましたが最後の最後、あと一発でスタミナ切れ。
そして再戦では見せ場を作れず右一発に仕留められました。

40歳、後は衰えていくだけ。
世界王者まで踏ん張ってほしいですが、引退かもしれません。

迫る東からの脅威

コメント

  1. si より:

    ヒューリーは本当に体格がやばいですね。
    ヘビー級はやっぱり高ければ高いほどいいし
    がっしりしていればしているほどいい
    その面ルイスはTOP3にどうしてもそこで劣るけど、
    センスは本当にすごいと思います。
    ワイルダーとフューリーは、
    バックボーンも主人公感あるし
    本当に役者ぞろいですねヘビー級
    ウシクも厳しいかもしれないですが
    ここに絡んでほしいな

    • si より:

      あとワイルダーなんですけど
      彼は絶対立ち上がると思います。
      娘のために。
      守るべきものがある強さというか
      そういうものをワイルダーは
      持ってるんじゃないかと思います。
      フューリーに負けてしまったけど。
      逆にジョシュアは、
      そういう精神力というかパワーを感じない。
      根性論みたいな今ではあまり好かれない
      考え方かもしれませんが。

      • とぉとぅぉとぉ より:

        同意ですね。
        ジョシュアは知的でアスレチック、能力は突出していると思います。
        ただsiさんがおっしゃる通りファイターとしての獰猛さを感じません。
        クリチコの時は感動を覚えたほどだったんですが。
        当たり前ですが立場が変わってきてから慎重さに拍車がかかっています。

        イギリスばかりではつまらないのでワイルダーとロシアに頑張ってほしいですね。

  2. ムーンサルトをする森光子 より:

    海外でも話題になっていますが、今後の問題はジョシュアの扱いでしょうね。ジョシュアは果たして今でもTOP3としてくくれる程に強いのか。
    個人的にはウシク、ジョシュア、ジョイス辺りはジャンケンの様な3すくみの相性関係にあるような気がしています。

タイトルとURLをコピーしました