井上尚弥vsアラン・ディパエン

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

井上尚弥vsアラン・ディパエン

試合内容

モンスター井上の2年ぶりの試合。
日本初のPPVになりますかね?
今後のボクシングはこうなっていくのでしょうか。
21勝18KO。

ディパエンは12勝11KO2敗。
タイ出身のムエタイファイター。

初回は慎重な井上。
ディパエンはガードを上げて井上の攻撃力を警戒しているのが窺えます。

2回から手数を増やしてきた井上。
ディパエンは致命打は防いでいるが表情に余裕はない。
井上の右の多彩なパンチに守りに追われるディパエン。
ボディーショットが効果的。

4回ディパエンは山ほど打ち込まれているが致命打は許さない。
これだけ守りを固められると井上でも崩せないか。
井上は目尻から出血。

5回はディパエンが出てきた。
我慢強い。井上と打ち合います。
井上は強気にガードの上を打たせる。

7回井上のフックでたたらを踏んだディパエン。
井上は見逃さずに滅多打ち。
しかし倒れない。
井上はフラストレーションをためている。

8回最終回までいくかと思われるほどの打たれ強さでしたがディパエンがついにダウン。
ダメージを見かねたレフェリーがついに試合をストップ。

感想

ドネアの出来が良すぎたのもありますが比較すると物足りない。
打倒モンスターの筆頭はドネア。

並みのチャレンジャーでは井上には勝てないのは分かった。
もう統一戦以外に興味が湧かない。

来年はドネアとの再戦しかない。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    井上の右は怪我ですかね。途中から右が減った事でパワーパンチへの接続が上手くいかなくなっていた気がします。
    明らかにガードの上から叩いているわけではありませんが、ロドリゲス戦と比較するとガードを崩す手数が少なく、装填も遅かったため、パンチに対する準備を許していた印象です。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      右の怪我の再発だけが怖いですね。
      ドネアとの再戦は万全のコンディションで。

タイトルとURLをコピーしました