ディミトリー・ビボルvsウマール・サラモフ

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

ディミトリー・ビボルvsウマール・サラモフ

試合内容

王者なのに試合枯れしているビボル。
ヒルベルト・ラミレスが挑戦の意思を表明していたのでやってほしい。
18勝11KO。

サラモフはロシアのプロスペクトでしたがダミアン・ホッパーに負けて停滞。
7連勝で浮上してきました。
26勝19KO1敗。

ビボルはスピード。
サラモフはパワー。
初回から接触するとビボルがはじかれる。
体格差は明らか。しかしスピードにかなり差がある。当たるか?

ビボルは得意のIn-outのステップでサラモフのスローな攻撃にカウンターを合わせる。

ビボルは継続して多彩な左を伸ばしてサラモフの守りを崩しているがサラモフは右をセットする時以外に左がでない。
被弾も嫌がっている素振りもりプレッシャーがかからずパワーが活かせない。

後半戦もサラモフはビボルの左とカウンターに出鼻をくじかれてヒットを奪えず。
ビボルは判定勝ちに徹する。

UDでビボル。

感想

ベテルビエフとの試合が見たい。
普通のライトヘビー級との試合はビボルの才能の浪費。
ロシア対決で面白いと思うんですけどね。

やけに自身のあるラミレスでもいい。

サラモフはサイズの利がありましたが最後まで状況を打開できず。
もっと強引に乱戦に引きずりこんでほしかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました