ロブソン・コンセイサオvsシャビエル・マルティネス

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

ロブソン・コンセイサオvsシャビエル・マルティネス

試合内容

悪名高いバルデスに敗れたが、評価は高めたコンセイサオの復帰戦。
17勝8KO1敗。

マルティネスは17勝11KOのアメリカ人。
中堅のベテラン相手に勝ち星をあげてきましたがコンセイサオは鬼門。
越えられるか。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

初回から軽快に手を出すコンセイサオ。
余裕を感じます。

マルティネスは力強いパンチでコンセイサオのガードを叩く。
パワーでは分があります。

マルティネスのパワーには期待感があるものの全体を通して見るとコンセイサオのスピードが圧倒している。

3回終了間際の打ち合いでコンセイサオが被弾。
効かされました。

4回からコンセイサオは距離をとってクリンチを織り交ぜながらアウトボクシング。

マルティネスは戦績通りの強さががありますが、如何せんコンセイサオはゴールドメダリスト。
あるのは期待感のみ。
有効打は奪えません。

マルティネスはプレッシャーを強めて逆転の意思を感じさせるもずるずると最終回。

ダメージを奪うほどではないにしてもヒットを奪うのはコンセイサオ。

UDでコンセイサオ。

感想

手数が豊富でスピードとスキルに優れているコンセイサオは恐いボクサーではないものの手強い。
ブラジル人、マーケティング次第では敬遠されそうな選手です。

シャクールならこのスピードとスキル相手にどう戦う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました