ルイス・ネリvsカルロス・カストロ

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

ルイス・ネリvsカルロス・カストロ

試合内容

日本だと罵詈雑言を浴びせられるネリ。
メキシコ人なので優遇されている事実も気に食わないですね。
32勝24KO1敗。
国内外問わず、井上が知名度を上げるのにこれほどありがたい選手はいませんね。

カストロは27勝12KOのアメリカ人プロスペクト。

初回からダウンを奪いネリペースで試合は進みます。

カストロは手数も少なければパワーもない。
手数は互角、しかしパワーの分だけポイントを奪うボクシングをしているのはネリ。

ネリはあえて手数を落としたようなアウトボクシング。
カストロはネリの強打を警戒してか手数がでない。

前半終わってネリは余裕があります。
しかしガードは低く逆転の雰囲気あり。

後半戦も決定力に欠けるロドリゲス。
パンチは当たってはいるがネリの迫力とアウトボックスの雰囲気が上回っている。

SDでネリ。

感想

この日のネリは手数が少なかった。
勝ちに徹したのだろうがネリの魅力は半減。

カストロは隙の無いボクシングだったが決定力不足。
恐さはなくネリに支配された印象はかき消せなかった。

判定は接戦でしたが余裕があったのは明らかにネリ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました