キース・サーマンvsマリオ・バリオス

toe2toeのYouTubeチャンネル

キース・サーマンvsマリオ・バリオス

試合内容

デービスにKOされたバリオスとパッキャオにレッスンされたサーマン。
後がない二人のサバイバル戦。

サーマンは31勝22KO1敗。
バリオスは26勝17KO1敗。
元王者同士、WBSの挑戦者決定戦。

初回は身長は低いがナチュラルウェルター級のサーマンがプレッシャーをかけ躍動感のある攻撃。
ベルトを防衛していた時のサーマンです。
バリオスは距離をとってカウンターを狙う。

2回からはバリオスが前へ出る。
ワンタイムとはパワーに如何ともし難い差がある。

徐々にサーマンに削られて次第に足取りは重く。
4回はフックで足元がふらつく。
サーマンはかつての躍動感を完全に取り戻している。
華麗にバリオスの攻撃を躱す。

5回には腹を効かせるサーマン。

前半はサーマンが圧倒している。

後半はバリオスが逆転を狙ってプレッシャーを強める。
サーマンはこれを悠々と躱しながら鋭いパンチをヒットし削る。

サーマンが本気を出せばバリオスは耐えられそうにないがサーマン久しぶりのリングを楽しむかのようなボクシング。

8回にカウンターをクリーンヒットしバリオスの顔面を切り裂きました。
バリオスの充実した気力が盛り上げていますが実力差は明白。

10回にバリオスのボディーショットで息をつくサーマン。
弱点を突かれた。
バリオスは気が付いていない?
それとも力が残されていない?

チャンピオンシップラウンズ。
ボディーショットを警戒しているのか効いているのかサーマンの躍動感が失われました。

UDでサーマン。

感想

まさか再び強いサーマンが見られるとは。
バリオスを圧倒しました。
ファンの期待に応えましたね。

スペンス対ウガスも決定。
着々と前人未到のウェルター級統一が近づいています。

サーマンちょっと髪が薄くなった?

コメント

タイトルとURLをコピーしました