ジョシュ・テイラーvsジャック・カテロル

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

ジョシュ・テイラーvsジャック・カテロル

試合内容

WBSSを制覇し二団体統一、ラミレスを撃破し四団体統一。
この階級最強の称号を手に入れたテイラーの防衛戦。
18勝13KO。

カテロルは全勝のイギリス人。
実績から言ってテイラーの敵ではありません。
26勝13KO。

初回からテイラーはプレッシャーをかけて迫る。
フェイスオフで見せたような闘志むき出しのファイト。
カテロルは対称的に守備的に戦いますが思い切りのいいパンチでヒットを奪います。

中盤からカテロルが出てきた。
テイラーのフィジカルに押されてはいるものの正確な内訳でヒットを奪っています。
打ち終わりは距離を潰してディフェンス。
テイラーはフラストレーションを蓄積。

5回も鮮やかなヒットを奪ってテイラーにダメージを与えるカテロル。
テイラーはカテロルのディフェンスに手を焼く。

8回にカテロルの打ち下ろしでテイラーがダウン。
ダメージありますが王者の意地で打ち合い。

ダウンを考慮してもカテロルは有利とはいえない状況。
テイラーはダウンを挽回しようとラストスパート。
カテロルは受け身。

チャンピオンシップラウンズも積極的なのはチャンピオンのテイラー。
カテロルはポイントを計算して逃げ切りなのか受け身な姿勢は崩さず。

11回のベルでテイラーが失点。
これで分からなくなってきました。
このまま判定を聞くのは恐い。
安心するためにはテイラーは倒しにいかないと。

12回は猛烈な手数でテイラーが攻める。

SDでテイラー。

感想

打ち終わりは密着してテイラーに手を出させなかったカテロル。
テイラーはカテロルのディフェンスを崩せませんでした。
手数、勢いはテイラーでしたがクリーンヒット、ダメージはカテロル。

テイラーはいつも通りやれば勝てるといった戦い方でカテロルは勝つための用意をしてリングへ上がってきた。
そんな感じの戦いでした。

フェイスオフから試合を見据えた作戦だったのかもしれません。

試合中に見せた勝利への執念はテイラーでしょうか。
ダウン後も勢いが衰えることはありませんでした。
カテロルはダウンもう一つ奪うくらいの気持ちがあれば…

コメント

タイトルとURLをコピーしました