中谷潤人vs山内涼太

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

中谷潤人vs山内涼太

試合内容

昨今のエリートアマが席巻するボクシング界に珍しく中谷は高校卒業後プロデビュー。
4回戦から新人王、日本、世界、とやや古いシステムを通って世界王者になりました。
ここまで圧倒的なパフォーマンス。
22勝17KO。

山内は国内のフライ級選手で世界レベルと戦うのが今回が初めて。
1敗は中国で喫したもの。
パンチがあり気持ちが強い。
波乱もあり得ます。
8勝7KO1敗。

初回スタンスを広く懐を深く保つ中谷。
左ストレートが鋭い。
山内はガードを固めて前進。
距離の遠さに苦しんでいる。
この回既に左ストレートが直撃し山内をぐらつかせる。

2回、多彩さを増す中谷。
山内は多彩な中谷の守りに追われる。

3回、KOは時間の問題か。
山内はプレッシャーをかけて手数が出せるようになりました。
しかし接近性も上手いのが中谷。

4回、圧力がかけられない山内。
中谷は多彩だ。来ないかと思ったら来る、来ると思ったら来ない。
ゴロフキンのような駆け引き。
中谷は意地で打ち返すが当たる気配はなし。

5回は強引に密着してロープへ押し込むも中谷に上手く動きを封じられて手が出せない。

6回も山内は攻める。
しかし中谷は足を止めて応戦。
KOを狙っている様子。

7回も接近戦を仕掛けていく中谷。
明らかにKOを狙っている。

8回山内は頑丈さしかアピールできていない。
近距離でことごとく打ち負けてしまう。
遂にレフェリーがストップ。

感想

中谷は無傷の圧勝。
次はスーパーフライ級。
井岡、エストラーダなどPFPに名を連ねているビッグネームがいる階級。
積極的なマッチメイクに期待したい。

山内はしこたま打たれて山ほど差を見せられました。
自信が失われていないか心配です。

コメント

  1. 右利き より:

    中谷潤人、どこまで行くのか楽しみなボクサーですね!
    個人的には中谷潤人選手のアッパーにとても惹かれます。

    会場はいい意味で中谷潤人の圧倒的なボクシングに引いてましたね(笑)

タイトルとURLをコピーしました