ウェルター級最強 ランキング

toe2toeのYouTubeチャンネル
ランキング

ショーン・ポーターが引退、スペンスがウガスを吸収。
スタニオニスがブタエフを退け戴冠。
クロフォードとスペンスの動向が左右する階級ですが、エニス、オルティス、新世代の足音が聞こえ始めています。

ウェルター級ランキング

ウェルター級

63.503 – 66.678kg

1位テレンス・クロフォード

37勝28KO
32歳
174cm
リーチ188cm
KO率75%

ウェルター級でも特に強靭と言えるカバラウスカス、ブルック、ベナビデスを意図も簡単粉砕。
まさかブルックをミドル級の歴史的強打者ゴロフキンより先にマットへ沈めるとは想像だにしませんでした。
近年のボクシングで天才という言葉はこの男が最も似合います。

遂にPFP争いに王手です。
日本のファンですら、井上を差し置いてクロフォードに軍配を上げるでしょう。
カネロからPFPキングの座をもぎ取るかもしれません。

PFPファイターに相応しい上手さと強さ、獰猛さでウェルター級の選手は肝を冷やしたでしょう。
クロフォードの天才はどれほどでしょう。3階級目のウェルター級ですが、さらに強さを増しており未だに底を見せていません。

1位 エロール・スペンス

27勝22KO
29歳
177cm
KO率80%

ガルシアやポーターといったビッグネームとの戦いで完璧ではないことを露呈しました
攻撃のセットアップが遅く、防御の後の反撃がクロフォードなどのトップクラスの中では遅く攻防分離気味。
ハイボリュームな攻撃を誇るポーターに追い詰められたのは必然でしょう。

ウガス戦ではパワーに頼らないニュースタイルを披露。
カウンターを封じて一方的に痛めつけました。

残るはクロフォードとの統一選。
底知れぬクロフォードの天才の全貌を見れるとすれば、スペンス戦だけでしょう。

エイマンタス・スタニオニス

14勝9KO
27歳
リトアニア
身長173cm
リーチ173cm
KO率60%

ブタエフとの暫定王座戦に勝利し初戴冠の全勝の王者。
ロシアの怪人ブタエフを正々堂々退けた試合は流石と言ってよいでしょう。
ハイガードにパワージャブ、多角的なコンビネーションなど攻防に隙が無く並みのウェルター級では歯が立ちそうにありません。
もブタエフを退けた心身の強靭さです。
スタイルの相性で負けてしまうことはあっても戦力でウェルター級に劣ることはないでしょう。

4位 ラズハブ・ブタエフ

14勝11KO1敗
27歳
ロシア
身長179cm
リーチ183cm
KO率68%

防衛に失敗、スタニオニスにベルトを奪われました。
試合内容はブタエフの強靭さ、タフさで上回っていただけにボクシングIQの差が際立ちました。
獰猛さをスタニオニスに利用され失点を止めきれませんでした。

しかしブタエフの魅力が失われたわけではありません。
チャンスがあれば王座に返り咲ける逸材です。

5位 ヨルデニス・ウガス

26勝12KO5敗
35歳
175cm
KO率39%

スペンスとの統一戦に負けてベルトを奪われました。
パッキャオ戦はアップセットで予想をひっくり返せましたが、スペンス戦は差を見せつけられる内容でした。
悲願を達成し年齢的にどれほどモチベーションと時間が残されているのか分かりませんが、リングでの振る舞いには好感が持て応援したくなる選手であることは間違いありません。

個人的にはウガスにはもう一度大舞台を目指してほしいですね。

6位 バージル・オルティス

16勝16KO
21歳
アメリカ
身長178cm
リーチ178cm
KO率100%

ウェルター級で快進撃を続ける怪物。
元王者フッカー、オリンピアンの元挑戦者カバリアウスを粉砕。
勢いはとどまることを知りません。

王座挑戦にふさわしい、誰が相手でも五分五分ほ戦いが想像できます。
対戦相手の質に関しても文句なし、スター性抜群のファイティングスタイルには期待せざるをえません。

7位ジャロン・エニス

28勝26KO
24歳
アメリカ
身長178cm
リーチ188cm

天才という言葉が似あいます。
破壊的なパンチに加えてファンをあっと驚かせるような創造性豊かな技術、
24歳アメリカ人、エキサイティングなスタイルも含めてスーパースター候補。

強豪との相手に圧倒的なパフォーマンスを見せていますが、まだまだ第二集団の選手。
今後ウェルター級の第一集団、第一線級の選手との試合に突入します。
ブタエフ辺りと戦いそうなにおいがプンプン漂っていますよ。

8位 アレクサンダー・ベスプーチン

13勝9KO
28歳
170cm
KO率64%

弾丸のような踏み込みからマシンガンのような連打を繰り出すロシアのサイボーグ。
爆発的なスピードもさることながら、私は何よりもベスプーチンの勤勉さを評価しました。
ブタエフと尋常ではないプレッシャーの中ミスをせず、常に動き続けてブタエフの強打を12ラウンズ封じ込めることができました。
しかしその後ドーピング発覚。
カネロ然り、実力は間違いないがなんだか順位を上げづらい。

8位 エギディウス・カバリアウスカス

21勝17KO1分2敗
31歳
175cm
73%

クロフォード、オルティスに負けてはいますがウェルター級のコンテンダーにとってカバラウスカスは高い壁。
オリンピック出場に裏打ちされた技術、パワー。
他の階級奈良王者でもおかしくない男なんです。
ウェルター級は層が厚い。

ダニー・ガルシア、サーマンよりは強いだろうと思えます。
彼らと同じようにマッチメイクされたら王者になれたはず。
茨の道を進んでいるだけ。
王者級の力があります。

コメント

  1. 愛好家 より:

    ジェイロン・エニスを忘れてませんか?

タイトルとURLをコピーしました