アルツール・ベテルビエフvsジョー・スミスJr

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

アルツール・ベテルビエフvsジョー・スミスJr

試合内容

17勝17KOのパーフェクトレコードの二団体統一王者。
三本目のベルトを持つスミスを迎え撃ちます。

スミスはビボルに負けているのでビボル、ベテルビエフと比較すると格落ち感がありますが、ホプキンスをリング外へ弾き飛ばすパワーと意外性があります。
番狂わせは大好物。
28勝22KO。

プレッシャーをかけるのはスミス。
左を伸ばしながら得意の右フックを狙う。
ベテルビエフはスミスの強打を警戒し危険な距離は脚を使って避ける。
予想に反してスミスのプレッシャーが効いている。

初回の半ばからベテルビエフが打ち合う。
行けると判断した様子。
ベテルビエフが本気を出した途端にスミスの警戒心が高まり前へ出れなくなりました。
そして残り10秒、スミスがポイントを奪いに言った瞬間にベテルビエフのカウンターがヒット、スミスがダウン。

2回もアウトボクシングのベテルビエフ。
ダウンを奪った右のオーバーハンドがスミスを襲う。
同じパンチでダウンを追加。

再開後は丁寧に組み立てて右のアッパーカットを叩き込み、ダメ押しのダウンを追加。
再開されるもアッパーカットを好打しスミスの顔面を跳ね上げレフェリーストップを呼び込みました。

感想

信じがたい強さ。
スミスとの打ち合いも見事、アウトボクシングからのカウンターも完璧。
この日は隙の無い完璧さを披露しました。

ビボルを破壊するイメージが浮かんできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました