吉野修一郎vs中谷正義

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

吉野修一郎vs中谷正義

試合内容

20勝14KO2敗の中谷。
ライト級でテオフィモ、ロマチェンコ、ベルデホと戦い実力を証明しています。
王者は吉野ですが中谷が格上。

吉野は15勝11KOの全勝王者。
日本、東洋、WBOアジアを獲得し国内ライト級の頂点。

初回、リーチ、上背で勝る中谷が速いジャブを伸ばして先制。
吉野はハイガードと重厚なプレッシャー。
得意の右のカウンターを狙いながら。
初回に中谷のアッパーカットが吉野を捉えると攻防が激しくなった。

2回、危険なパンチが交錯し互いに当て合うが中谷の方がいい。
ラウンド終盤に連続してヒットを重ねた中谷がアクセルを踏むと吉野が応戦で打ち合いに。

3回バッティングで中谷がカット。
中谷が上手くアウトボクシングでヒットを重ねている。

4回から吉野がプレッシャーを強めて手数を増やしてきた。

5回、吉野はラフに手数を出していく。
打たれながらも前進が止まらない。
ロープへ送って吉野はもうラッシュでダメージを与え、最後終了間際に右でダウンを奪取。

6回、中谷は打ち合いを選択。
手数で中谷が勝るが吉野が要所要所でコンパクトに的確に当てていく。
再び中谷ダウン。
立ち上がるがレフェリーが試合を止めました。

感想

予想外の結末。
中谷がキャリアを見せるかに思われましたが吉野が番狂わせ。
国内、アジアでやり残すことはありませんから次戦は海外挑戦もあり得ます。
楽しみな内容、貫禄のある勝利でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました