寺地拳四郎vs京口紘人

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

寺地拳四郎vs京口紘人

試合内容

日本人同士の世界統一戦。
両者全盛期でしょう。

初回寺地が先に仕掛ける形でスタート。
両者ともに投資漲る激しいペース争い。
寺地はジャブとフットワーク、京口はガードがいい。

2回も激しい。手数は寺地、パワーは京口。
動き回り上下左右に打ち分ける寺地がややペースを握っているが京口の守りは強固で崩れない。

3回、徐々に寺地のパンチが京口の固いを守りを突破し当たり始める。

4回は完全に寺地のペース。
京口はガードしているが寺地のスピードについていけない。

5回に寺地の右で京口ダウン。
寺地の怒涛の猛攻に耐える京口に貼会場からは拍手。
残り30秒打ちづかれた寺地に京口が猛反撃。

6回、京口はダメージ、寺地は疲労で大きくペースダウン。
回復が速いのは寺地。ジャブで京口の顔面を跳ね上げる。

7回、消耗した京口に回復した寺地が襲い掛かる。
一発クリーンヒットがあれば京口は決壊しそうだ。
最後寺地のワンツーでたたらを踏んだ京口を見てレフェリーがストップ。

感想

寺地が統一王者。
終わってみれば寺地の圧勝。
パワーは京口でしたが3回からスピード、タイミング、スキルで圧倒、打ち疲れを除けば一方的でした。
岩田に勝ったゴンザレスにも勝つでしょう。
4団体統一も見えてくる内容で二団体王者に相応しい実力を見せました。

インタビューで三迫ジムの加藤トレーナーの手腕を称え、WBOのゴンサレスを指名しました。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    寺地って色々な要因でなんとなく地味な印象ですけど、やっぱり階級傑出度で言えば井上に負けず劣らずだと思います。
    全体的に高速な軽量級にあって、ロマチェンコのような高機動で独特なアングルのボクシングスタイルを実現している辺りセンスもずば抜けています。
    今の所は階級を上げるつもりは無いようですが、周辺階級の顔ぶれを見ていても、近いうちに相手がいなくなる事は確かでしょう。

タイトルとURLをコピーしました