コラム

コラム

カネロの野心はどこまで

カネロの野望 カネロはこの時期にも関わらず7万人超えの観客動員数で歴代記録を更新したのだとか。 次はプラント カネロは次の標的をケイレブ・プラントだと試合後のインタビューで答えました。 ゴロフキンとの初戦時の大方のファンの意見はこう...
コラム

怪我人続出の力強さ、その根拠は

カネロの怪力は本物? 戦えばただでは済まない カラム・スミスの右上腕筋を引きちぎり、ソーンダースの右目の骨を砕いたカネロ。 信じがたい力強さを見せつけています。 カネロと試合をすれば文字通りただでは済みません。 少し前までスー...
コラム

全勝だった頃のジョシュア対ワイルダーの神秘性

ワイルダーの可能性 ヘビー級は別格 私はベビー級を他の階級と区別はしません。 しかしながらカジュアルなファイトファンはやっぱりヘビー級が一番好き。 ライト級がボクシングファンにとっては最も熱い階級ではありますが、ライト(軽い)と...
コラム

テレンス・クロフォードの憂鬱 バージル・オルティス

テレンス・クロフォードvsウェルター級 ウェルター級のクロフォード スペンスがクロフォードとの対戦に要求した条件はとても吞み込めるものではなく、もはやスペンスが暗にクロフォードとの対戦回避したとすら思える条件でもありました。 幻の...
コラム

復讐鬼ロマチェンコ

ロマテェンコvsライト級 怪我は... ロマチェンコファンを失望させ、WOWOW解説陣を錯乱させたテオフィモ・ロペスとの一戦。 ロマチェンコが右肩の古傷が再発し右が使えなかったと発言し物議を呼びました。 テオフィモとの再戦に漕ぎ...
コラム

カネロ不在のミドル級

ミドル級の覇権 カネロがスーパーミドル級へ移ったことである意味活発化したと言えそうなミドル級。 カネロ抜きにしても十分面白い階級であることは確かでタレント揃い。 ジョナサン・バンクの元でモデルチェンジを果たしたゴロフキン。 ミド...
コラム

ライト級のボス

ボスはテオフィモ 超新星ライアン・ガルシア 群雄割拠し、現在競争が最も熾烈で注目を浴びている階級です。 ヘイニーが一応WBC正規王者でテオフィモはフランチャイズというポジション。 形式上はフランチャイズが上らしいですが、メディアの作...
コラム

PFP、4階級制覇。もうタトゥーなんかどうでもいい

井岡一翔vsジェルウィン・アンカハス ファンの心を動かすもの ボクシングファンの井岡支持は試合を追うごとに大きくなっています。 弱腰のマッチメイキングを行っていた井岡ジム所属の頃とは全く質の異なるファンが支持しています。 あの頃...
コラム

ライト級の激突、これは宿命か

ベルトの権威失墜 時代はSNS ライアン・ガルシアはエリミネーターとして行われたルーク・キャンベルとの試合に勝利しているので、WBC正規王者のデビン・ヘイニーへの挑戦権を持っています。 しかしライアンはこれに一切興味を持っていない...
コラム

ダスマリナス、弱くはないが…

井上尚弥vsマイケル・ダスマリナス ダスマリナスは弱くない 井上の次の対戦相手候補としてフィリピンのマイケル・ダスマリナスが挙げられています。 普通のバンタム級の王者であればダスマリナスに不足はありません。 この間ロドリゲスに勝利し...
コラム

中谷正義vsライト級

ライト級の伏兵、中谷正義 テオフィモ戦 テオフィモが王座前哨戦として選んだ相手は中谷でした。 まあ、いつも通り普通に殴って倒すつもりだったのでしょうが。 当時はたまたまテオフィモの調子が悪かった。 たまたま準備不足だっ...
タイトルとURLをコピーしました