コラム

コラム

何事もなく終わればいいが…GGGの衰えは、隠せない

ゲナンディ・ゴロフキンvsカミル・シェルメタ GGGの衰え ゴロフキンは来月全勝のシュルメタを迎えてIBFタイトルの防衛戦を行います。 このIBFタイトルはゴロフキンがセルゲイ・デレブヤチェンコとの死闘を制して手にしたものです。 ...
コラム

クロフォードの挑戦者上位3人

クロフォードvsWBOランカー クロフォードはトップランクのプロモートが悪いと発言。 アラムおじいちゃんは手は尽くしたのに...。 と関係に亀裂が入っている様子。 それはそれで面白くなるから良し。 1位ショーン・ポーター そ...
コラム

ダニー・ガルシアのノールックパンチ

エロール・スペンスvs・ダニ・ガルシア ウェルター級はクロフォードがブルックを一発で仕留めたことで勢力図が一変、SNS上ではクロフォードはエロール・スペンス以上とする声が大きくなり始めました。 大事故 そう言われるようになった原因...
コラム

191cmスミスは173cmカネロと殴り合えるか

カラム・スミスvsカネロ・アルバレス カネロとスミスの試合が決まったようですね。 190cmもあるスミスの減量は大丈夫? ライダー戦もグローブス戦も 間近のライダー戦やWBSS決勝を思い返してみてスミスの一つの不安が頭に浮かびました...
コラム

クロフォードの目覚めはスペンス悪夢の始まり

震えよウェルター級 クロフォードvsブルック 驚きました。 スペンスやポーターはおろかゴロフキンとも戦いひ弱さは一切感じさせなかった強靭なブルックが。 ポーターを封じ込め、スペンスとゴロフキンのハードショットを何発も耐え抜いたブルッ...
コラム

クロフォードは本当にPFPなのか?

クロフォードは本当に強い? 自分でも余程熱心にクロフォードvsブルックのことを書いているなと感じていますが、気になるんですよね。 クロフォードとブルックの才能の全貌が。 ブルックはこれまで減量苦により才能の全貌を見せていないのでは...
コラム

PFP退治、ブルック出陣

テレンス・クロフォードvsケル・ブルック ハードコアなボクシングファンなら絶対に見逃せない試合です。 何故なら"The Special One"はクロフォードに勝るものをいくつも持っているから。 クロフォードが絶対に勝つとは言い切...
コラム

決意のカネロはメキシカンビーフを拭い去れるか その2

カネロ・アルバレスvsカラム・スミス 決定なのかどうかは分かりませんが、様々なメディアでスミスと戦う可能性が報道されています。 スミスとはまた強敵ですね。 プラントに勝るスーパーミドル級だと思います。 カネロがスーパーミドル級の...
コラム

決意のカネロはメキシカンビーフを拭い去れるか

カネロ・アルバレスvsミドル級~ライトヘビー級 GBP離脱 かねてから裁判でGBPと争っていたカネロはその訴訟に終止符を打ちました。 DAZNとの巨額の契約をも放棄し自分自身の強さを証明するため、残りのキャリアは強敵とのみ戦うことを決...
コラム

マイキー・ガルシアはもっと評価されるべき

マイキー・ガルシアvsマニー・パッキャオ 最先端vs古典 ふと、何故かライト級でロマチェンコがテオフィモ・ロペスに跳ね返された試合と一緒にマイキー・ガルシアの存在を思い出しました。 そう言えばこの男もロマチェンコと同じようにフェザー級...
コラム

カシメロ以外は井上の才能の浪費

井上尚弥vsジョンリエル・カシメロ 天才の浪費 WBSSを制覇、ジェイソン・マロニーを圧倒した井上のキャリアがここで足踏みしてしまうなんてことはあってはなりません。 彼の天才をこんなところに留めておくのは、世界のボクシング界全体で見て...
タイトルとURLをコピーしました