コラム

コラム

カネロ不在のミドル級

ミドル級の覇権 カネロがスーパーミドル級へ移ったことである意味活発化したと言えそうなミドル級。 カネロ抜きにしても十分面白い階級であることは確かでタレント揃い。 ジョナサン・バンクの元でモデルチェンジを果たしたゴロフキン。 ミド...
コラム

ライト級のボス

ボスはテオフィモ 超新星ライアン・ガルシア 群雄割拠し、現在競争が最も熾烈で注目を浴びている階級です。 ヘイニーが一応WBC正規王者でテオフィモはフランチャイズというポジション。 形式上はフランチャイズが上らしいですが、メディアの作...
コラム

PFP、4階級制覇。もうタトゥーなんかどうでもいい

井岡一翔vsジェルウィン・アンカハス ファンの心を動かすもの ボクシングファンの井岡支持は試合を追うごとに大きくなっています。 弱腰のマッチメイキングを行っていた井岡ジム所属の頃とは全く質の異なるファンが支持しています。 あの頃...
コラム

ライト級の激突、これは宿命か

ベルトの権威失墜 時代はSNS ライアン・ガルシアはエリミネーターとして行われたルーク・キャンベルとの試合に勝利しているので、WBC正規王者のデビン・ヘイニーへの挑戦権を持っています。 しかしライアンはこれに一切興味を持っていない...
コラム

ダスマリナス、弱くはないが…

井上尚弥vsマイケル・ダスマリナス ダスマリナスは弱くない 井上の次の対戦相手候補としてフィリピンのマイケル・ダスマリナスが挙げられています。 普通のバンタム級の王者であればダスマリナスに不足はありません。 この間ロドリゲスに勝利し...
コラム

中谷正義vsライト級

ライト級の伏兵、中谷正義 テオフィモ戦 テオフィモが王座前哨戦として選んだ相手は中谷でした。 まあ、いつも通り普通に殴って倒すつもりだったのでしょうが。 当時はたまたまテオフィモの調子が悪かった。 たまたま準備不足だっ...
コラム

2021年もカネロが主役?それとも

2021年の主役 主役はカネロ 去年はコロナの影響もありボクシングだけでなく社会全体で大きな変化のあった1年でした。 昨年は誰にとっても苦難の年だったと思いますが、カネロは飛躍の年となりました。 PFPにおける覇権を確立。 カネロ...
コラム

要塞カネロを打倒するのは…

動く要塞 超人化したカネロ ここ数戦のカネロのパフォーマンスは凄まじく、現役選手の中では抜けた存在になりつつあります。 まさかクロフォードと井上の猛追をあんな風に躱していくとは。 あれだけ消極的に生存のみを選択したカラム・スミス...
コラム

流行りのエキシビション

メイウェザーvsローガン・ポール タイソンvsジョーンズ この間マイク・タイソンvsジョーンズのエキシビションが行われました。 内容としてはタイソンのコンディションは50歳とはとても信じられないほどで昔の面影も残されていました。 ...
コラム

何事もなく終わればいいが…GGGの衰えは、隠せない

ゲナンディ・ゴロフキンvsカミル・シェルメタ GGGの衰え ゴロフキンは来月全勝のシュルメタを迎えてIBFタイトルの防衛戦を行います。 このIBFタイトルはゴロフキンがセルゲイ・デレブヤチェンコとの死闘を制して手にしたものです。 ...
コラム

クロフォードの挑戦者上位3人

クロフォードvsWBOランカー クロフォードはトップランクのプロモートが悪いと発言。 アラムおじいちゃんは手は尽くしたのに...。 と関係に亀裂が入っている様子。 それはそれで面白くなるから良し。 1位ショーン・ポーター そ...
タイトルとURLをコピーしました