フェザー級

ファイターペディア

ファイターペディア ジョシュ・ウォーリントン

ジョシュ・ウォーリントン データ 30勝7KO 29歳 イギリス 身長170cm 特徴 KO率が低くがむしゃらなスタイルで人気がでるようなかっこいいスタイルではありません。 しかしスタミナとど根性という過小評価されがちな...
ファイターペディア

ファイターペディア ゲイリー・ラッセルJr

ゲイリー・ラッセルJr データ 31勝18KO1敗 31歳 身長164cm リーチ163cm アメリカ KO率56% 特徴 フェザー級最強評価のスピードスター。 ボクシング最速のハンドスピードを誇ります。 フェザー...
ランキング

フェザー級最強 ランキング

ラッセルvsニヤンバヤル、ガラハドで更新。 微妙な階級 フェザー級 55.338 - 57.153kg 1位 ゲイリー・ラッセルJr 31勝18KO1敗 31歳164cm KO率56% ボクシング界最速の拳を持ってい...
スポンサーリンク
観戦記録

キッド・ガラハドvsクラウディオ・マレロ

試合内容 ガラハドは前回ジョシュ・ウォーリントンの王座に挑戦し接戦の末、SDで挑戦失敗。 今回は"マトリックス"マレロ。 マレロは強豪であることは間違いありませんが、同じ週にフェザー級最強のラッセルに挑戦し差を見せつけられたニヤンバヤ...
観戦記録

ゲイリー・ラッセルJrvsトゥグツソ・ニヤンバヤル

試合内容 年一試合しかこなさないロマチェンコに負けただけのフェザー級絶対王者ラッセル。 31勝18KO1敗。現役ボクサー最速の拳があります。 挑戦者モンゴルのニヤンバヤルは11勝9KO。 "マトリックス"マレロとのハイレベル...
ニュース

2020年各階級注目の選手 その2 フェザー級~スーパーライト級

2020年注目選手 フェザー級 トゥグツソグ・ニヤンバヤル 試合の面白さや強さに人気が比例しておらず停滞気味なキャリア。 しかしゲイリー・ラッセル階級最強の男への挑戦がセットされ、まさに千載一遇の機会を手に入れました。 小国モンゴ...
ニュース

ゲイリー・ラッセルvsトゥグツソグ・ニヤンバヤル 日陰の最強決定戦

ゲイリー・ラッセルvsトゥグツソグ・ニヤンバヤル モンゴル人ニヤンバヤル 2/8に決定。ついにモンゴルのニヤンバヤルがついに王座に挑戦です。 本当に長かった。今年はたったの1試合とキャリアが遅々として進みませんでした。 理由は簡単で...
プロスペクト

ロベイシ・ラミレス キューバフェザー級 プロスペクト2戦目 名誉挽回してね

試合内容 ラミレスは五輪1階級で2連覇という実績をひっさげてアメリカへ乗り込みましたが、デビュー戦でダウンを奪われる大苦戦。 ここからどれくらい挽回できるか。 相手を務めるはフェルナンド・イバッラ2勝1敗。 初回は浅いヒット...
妄想対決

井上尚弥はどこまで階級を上げられるか? その二

井上尚弥はどこまで階級を上げられるか? 複数階級制覇王者の特徴 その一の続き。 オスカー・デラホーヤ 身長179cm リーチ185cm スーパーフェザー級~ミドル級 58.967~72.575kg 史上初の6階級...
ファイターペディア

ファイターペディア シャクール・スティーブンソン

シャクール・スティーブンソン データ 13勝7KO 22歳 アメリカ 身長173cm リーチ173cm KO率53% 特徴 五輪銀メダルの技巧派でフェザー級でラッセルを除けば最強。 私はラッセルと戦っても分からないと...
プロスペクト

シャクール・スティーブンソンvsジョエト・ゴンザレス やっぱりメイウェザー

試合内容 正直シャクールの勝ち以外考えられない試合。 フェザー級でシャクールと勝負になる選手はいるのか、今やそっちに興味があります。 ジョエト・ゴンザレスは23戦全勝14KO無敗のプロスペクト。 スティーブンソンの見切りは本...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました