ライト級

観戦記録

リチャード・コミーvsジャクソン・マリネス 役者の揃うライト級

リチャード・コミーvsジャクソン・マリネス 試合内容 タイトル戦で何度も苦渋を舐めているコミー。 そしてようやくテテにしたタイトルはテオフィモに奪われてしまいました。 今やテオフィモはPFPにも名を連ねライト級最強の評価をてにしまし...
ニュース

ヘイニーになら勝てる

デビン・ヘイニーvsホルヘ・リナレス 話題に乏しいボクシング 今年は本当に話題がありません。 日本国内ならabemaTVで井上尚弥vs比嘉大吾のチャリティーマッチが放送されるので話題が豊富なんですが世界的にはほとんど話題がありません。...
ニュース

新旧スピードスター対決

ホルヘ・リナレスvsライアン・ガルシア 新旧スピードスター対決 去年の今頃に盛り上がっていました。 新旧スピードスター対決。 デービスとの試合はやはり実現思想にない。 代わりにリナレスvsライアン・ガルシアがまた再燃しているようで...
コラム

ライト級のボス

ボスはテオフィモ 超新星ライアン・ガルシア 群雄割拠し、現在競争が最も熾烈で注目を浴びている階級です。 ヘイニーが一応WBC正規王者でテオフィモはフランチャイズというポジション。 形式上はフランチャイズが上らしいですが、メディアの作...
プロスペクト

164cm、ライト級の”ピットブル”

アイザック・クルス・ゴンザレス 164cm 小柄ながらパワフルなプロスペクト。 同じくらいの身長のライト級と言えばタンクを想像しますが、タンクはまだ本格的なライト級の体格をした相手と戦っていません。 クルスはなんと身長164...
ニュース

ヘイニーのたらい回し

デビン・ヘイニーの憂鬱 ライアン→テオフィモ→??? WBCには2人の王者がおりフランチャイズ(このベルトと正規の上下関係が分かりません)にテオフィモ、正規王者にヘイニーです。 ヘイニーはテオフィモの「Eメールチャンピオン」の表現...
コラム

ライト級の激突、これは宿命か

ベルトの権威失墜 時代はSNS ライアン・ガルシアはエリミネーターとして行われたルーク・キャンベルとの試合に勝利しているので、WBC正規王者のデビン・ヘイニーへの挑戦権を持っています。 しかしライアンはこれに一切興味を持っていない...
コラム

中谷正義vsライト級

ライト級の伏兵、中谷正義 テオフィモ戦 テオフィモが王座前哨戦として選んだ相手は中谷でした。 まあ、いつも通り普通に殴って倒すつもりだったのでしょうが。 当時はたまたまテオフィモの調子が悪かった。 たまたま準備不足だっ...
ニュース

ライト級がヒートアップ

ライアン・ガルシアvsジャーボンテイ・デービス ライアン・ガルシア キャンベルを沈めたことでライアンはその自信を深め、今まで以上に強気に他のライト級を挑発します。 ライアン 俺がジャーボンテイ・デービスを2ラウンズで沈め...
コラム

2021年もカネロが主役?それとも

2021年の主役 主役はカネロ 去年はコロナの影響もありボクシングだけでなく社会全体で大きな変化のあった1年でした。 昨年は誰にとっても苦難の年だったと思いますが、カネロは飛躍の年となりました。 PFPにおける覇権を確立。 カネロ...
ランキング

ライト級最強 ランキング

PFPのロマチェンコを筆頭にテオフィモ・ロペス、ジャーボンテイ・デービス、ライアン・ガルシア、デヴィン・ヘイニーとアメリカの天才が勢ぞろい。 さらにリナレスもスーパーライト級から戻ってきました。 今年一番熱い階級へ日本の中谷が遂に割...
タイトルとURLをコピーしました