日本

観戦記録

寺地拳四朗vs久田哲也

寺地拳四朗vs久田哲也 試合内容 日本の防衛記録を狙う寺地8回目の防衛線。 17勝10KO。 34勝20KO10敗2分。 前回は京口に挑戦し判定負けていますが、コロナの影響もあってか再び世界タイトルへ挑戦。 初回は寺地が...
観戦記録

比嘉大吾vsストロング小林佑樹 バンタム級参戦

比嘉大吾vsストロング小林佑樹 試合内容 16勝16KO1敗1分。 体重超過により約2年を棒に振り、ジムを移籍して復帰。 紆余曲折あったようですが、10月に復帰し引き分け。 2階級UPとブランク。 日本ランカーとの引き分けにより...
観戦記録

井岡一翔vs田中恒成 ボクシングは奥深い

井岡一翔vs田中恒成 試合内容 ボクシングファンだけでしょうか。 この試合に熱い視線を送っているのは。 RIZINのメインイベント、youtuberの試合と時間をずらしてなんと5時に放送してしまう辺り、RIZINに負けを認めてい...
プロスペクト

中谷正義vsフェリックス・ベルデホ 大逆転

中谷正義vsフェリックス・ベルデホ 試合内容 無名のアジア人中谷に苦戦しテオフィモの評価は落ちました。 しかしテオフィモが大方の予想を覆しロマチェンコを退けたことで同時に中谷の評価も上昇。 まあボクシングなんてそんなもんです。 ...
観戦記録

中谷潤人vsジーメル・マグラモ 令和初世界王者

中谷潤人vsジーメル・マグラモ 試合内容 新人王から日本王者と国内のタイトルを集めて順調にキャリアを進めてきた中谷。 コロナの影響により延期もありましたが、ようやく世界挑戦の機会を得ました。 20勝15KO、身長170cmとフライ級...
観戦記録

井上尚弥vsジェイソン・マロニー 圧倒的実力差

井上尚弥vsジェイソン・マロニー 試合内容 怪我やコロナも相まって1年ぶりの試合となる井上のアメリカ2戦目。 初戦となったニエベスから一段階レベルの上がったマロニーが相手です。 19勝16KO。 マロニーの戦績は21勝18KO...
観戦記録

村田諒太vsスティーブン・バトラー 次はゴロフキン?

試合内容 ゴロフキンやカネロ、ジャモール・チャーロとの戦いを想定するなら判定勝ちでは説得力がありません。 序盤KO。できなければ上記の選手との試合は厳しいものになるでしょう。 スティーブン・バトラーが弱いわけではありません。 ゴロフ...
観戦記録

寺地拳史朗vsR.ペタルコリン そろそろフルで見せてくれよ

試合内容 7回目の防衛戦なのにフジテレビでの評価は上がらない拳史朗。 初回から足を使い距離を維持しながらペタルコリンの打ち終わりを狙っていきます。 3回にストレートボディーでダウンを奪いました。 再開後も執拗に腹を狙い続けダウン...
観戦記録

八重樫東vsモルティ・ムザラネ 勝利より信念

試合内容 バンタム級で井上を挑発し続けていたゾラニ・テテとその男に勝ったジョンリエル・カシメロの二人に勝利しているムザラネ。 日本人の坂本と黒田がムザラネに挑戦して連続して跳ね返されました。 八重樫はこれが最後の挑戦。 勝って現...
プロスペクト

ダニエル・ドュボアvs藤本京太郎 日本人ヘビー級王者は遠い遠い道のり

試合内容 ドュボア13勝12KO。 ゴーマンとの全勝対決を制したあとに藤本は格落ち感が否めません。 イギリスヘビー級プロスペクトでワイルダーへの挑戦を待ちます。 藤本は日本でキャリアを積むヘビー級。元々はK-1の選手でした。 ...
観戦記録

岩佐亮佑vsマーロン・タパレス スーパーバンタム級暫定王座決定戦

試合内容 元王者岩佐亮佑と元王者タパレスの暫定王座決定戦。 正規王者はダニエル・ローマンが保持していますが怪我で防衛できないため暫定王座が設置されています。 タパレスの戦績は33勝16KO2敗。KO率の印象以上のパンチがあります。 ...
タイトルとURLをコピーしました